パソコンは新しいし、回線は光、なのにネットが遅い!一体何が原因なの?

速度を改善するためにこれ以上手立てはない…と諦めている方、もしかしたらネットが遅い原因は契約しているプロバイダにあるかもしれません。

今回は、ネットが遅くなる原因をプロバイダの役割などから詳しくご説明しましょう。

マイコマイコ

ネットの速度が出ない原因が、端末やWi-Fi環境ではなく、プロバイダにあるケースもあります。原因がプロバイダなのか否か、プロバイダに原因がある場合、何か対処方法はあるのか?今回は、プロバイダが原因でネットが遅くなる場合についてその対策をご紹介しましょう。

プロバイダの役割って?

マイコマイコ

プロバイダとは、回線を通してインターネット接続をする接続業者のことです。回線契約が完了していてもプロバイダと契約をしないとインターネットは利用できません。

ネットが遅い原因を確認する前に、まずネット接続におけるプロバイダの役割を確認しておきましょう。

プロバイダとは、回線を通してインターネットに接続する役割を担っている接続事業者のことをいいます。

プロバイダはどこですか?と質問すると、「フレッツ光」とか「au光」と答える方もいらっしゃるのですが、これは「回線業者」でプロバイダはniftyやOCNなど回線業者とは別に契約をしているはずです。

 

スポンサードリンク




 

回線業者とプロバイダの種類は?

さらに分かりやすくするために、現在ある回線業者とプロバイダをいくつかピックアップしてみましょう。

マイコマイコ

NTTやauは回線業者で、プロバイダではありません。また、J-comなどCATVや電力系の会社の場合は、回線業者が回線とプロバイダを兼ねているため、プロバイダとの契約は必要ありません。

回線業者の種類

回線業者は、インターネットの回線を提供している会社です

回線業者 サービス内容
NTT東日本、NTT西日本 フレッツ光など

光コラボレーション(ドコモ光、Softbank光など)

KDDI auひかり
So-net NURO光
電力会社 eoひかり、コミュファ光、Pikara、BBIQなど
ケーブルテレビ会社 JCOM
モバイルルーター系の会社 UQ WiMAX、Y!モバイルなど

プロバイダの種類

現在、日本にはAsahiNetやOCN、BIGLOBE、So-net、@nifty、Plalaなど数多くのプロバイダが存在しています。

それぞれの回線業者やサービスのHPを確認すると、対応プロバイダを検索することもできますし、Softbank光のように、サービス内容によってはプロバイダが限定されることもあります。

フレッツ 光ネクスト 対応プロバイダ

マイコマイコ

回線業者とプロバイダの区別はわかりにくいため、特に高齢の方の場合、自分がどこのプロバイダと契約しているかご存知ない方も少なからずいらっしゃいます。契約時の書類や請求書のほか、パソコンのメールアドレスでも、プロバイダがどこか確認することができます。
例えば、
プロバイダがOCNの場合、メールアドレスは「●●●@☓☓☓.ocn.ne.jp」
so-netの場合は「●●●@☓☓☓.so-ne.ne.jp」
とプロバイダの名称が@の後ろに入ります。

速度を確認

ネットが遅い原因がプロバイダにあるか否かを調べるには、実際に使用している速度の他、回線業者の速度も確認する必要があります。

マイコマイコ

下記の方法で速度を調べることで、速度が遅い原因がプロバイダにあるのか原因を絞り込むことができます。

利用時の速度を確認

インターネット利用時の速度は下記のサイトで調べることができます。

BNRスピードテスト 公式サイト

回線業者の速度も調べる

マイコマイコ

回線業者側の速度も調べることで、プロバイダに原因があるかどうかがはっきりします。

NTTのフレッツの情報サイトでは、自宅からプロバイダまでの回線の通信速度を確認することができます。

NTT東日本サービス情報サイト(→速度の確認をクリック)

NTT西日本通信速度の改善ポイント(→画面下の「速度測定サイト」へ)

 

スポンサードリンク




 

プロバイダが原因の場合

「BNRスピードテスト」と「フレッツ情報サイト速度測定」の速度計測結果に大きな差がある場合は、プロバイダが原因で速度が遅いと考えることができます。

夜など混雑する時間帯は、その差がある程度広がるのは仕方がないですが、時間に関係なく速度差が30Mbps以上ある場合は、プロバイダの能力に問題があると言えるでしょう。

マイコマイコ

自宅からプロバイダまでの速度は速いのに、実際のネット使用時の速度が遅い場合、特にその速度差が30Mbps以上ある場合は、プロバイダに問題があることが考えられます。プロバイダを変えることも1つの方法ですが、その前に、次のことを確認してみましょう。

IPv6接続に切り替える

従来使われてきたPPPoEネットワーク方式は、利用者の増加とともに混雑し、特に夜間の速度低下の原因のひとつと言われています。

そんな状態を踏まえ、近年、地域や時間帯の影響が少なく、混雑する夜の時間帯でも快適にインターネットを利用でき世代ネットワーク方式「IPoE」を利用するプロバイダが増えてきました。そのようなプロバイダでは、「IPv6オプション」と対応機器を利用することでPPPoE方式を使わず、IPoE方式(IPv6接続)で接続することが可能です。

プロバイダに確認し、IPv6接続が可能か確認をし、可能であれば切り替えをしましょう。(場合によっては有料で機器の変更が必要になる場合があります。)

画像参照:BIGLOBE

マイコマイコ

「PPPoE(PPP over Ethernet)」方式とは、「利用者のパソコン」(ポイント)と「プロバイダのパソコン」(ポイント)の2点間を接続してデータ通信を行う通信プロコトルのことです。
一方、「IPoE(IP over Ethernet)」は、企業内のLANと同じやり方で直接インターネットに接続する方式で、PPPoEのように専用の通信機器を必要としないため、接続事業者を通してシンプルにインターネットに接続できるというメリットがあります。

 プロバイダを変更する

上記でご説明したIPv6接続を導入していないプロバイダと契約している場合、プロバイダを変更することで夜の通信速度が回復する可能性があります。

また、バックボーンもプロバイダを選ぶときの大きなポイントです。

バックボーンとは、プロバイダの基幹回線となっている部分のことを言い、それが太い(大きい)ほど通信の渋滞がおこりにくく安定します。

全国にインターネット事業を展開している大手のプロバイダは自らバックボーンを保有していますから、そのようなプロバイダに乗り換えることで通信速度安定に繋がります。

マイコマイコ

プロバイダを選ぶ時、料金は調べても、接続方式やバックボーンまで確認する方は多くないと思います。ただ、使い始めてからプロバイダの能力に問題があると分かったら、プロバイダを変更することも検討してみてはいかがでしょう?メールアドレスを変更したくない場合、多くのプロバイダでは、多少料金を払うことで同じメールアドレスを使い続けられるオプションサービスを提供しています。

契約プランの確認

NTTのフレッツには、料金を抑えた「フレッツ 光ライト」というプランがあります。このプランの場合、通信速度は最大100Mbpsとなっているため、フレッツ光ネクストギガの最大速度1Gbpsに比べると、速度が遅く、特に混雑する時間帯はさらに遅く感じるかもしれません。

契約内容を確認し、速度の速いプランに変更することで快適にインターネットが利用できるようになるかもしれません。

マイコマイコ

上記のプランは、プロバイダではなく回線業者との契約内容になります。プロバイダだけでなく、回線業者との契約プランにネットが遅い原因があるケースもありますので、回線業者、プロバイダそれぞれとの契約内容をしっかり把握しておくことも大切です。

まとめ

光回線にすれば、インターネットの速度はアップする、と思いがちですが、インターネット接続には回線に加えプロバイダが必要で、プロバイダの能力や混雑状況がネットの速度に大きく影響を与えるようです。

名前をよく聞くメジャーなプロバイダは安心ですが、逆に契約数が多いと混み合う可能性もあるため、メジャーだから快適に使えるとは言い切れないでしょう。

速度を計測し、回線と実際の速度に大きな差がある場合は、プロバイダにその原因を一度問い合わせてみてもよいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク




 

パソコンインストラクターが教える快適ネット診断


マイコマイコ

貴方の今のインターネット環境はいかがでしょうか?
推奨されるべきネット環境を簡単に回答可能な質問に答えるだけで判断できます。興味がある方は一度お試しください。



①固定回線のプロバイダーの変更


マイコマイコ

私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。
規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。


ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。
ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか?
最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。
また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。
フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。


>>フレッツ光・光コラボの詳細はこちら

②ポケットWifi・Wimaxの利用


マイコマイコ

ネットの利用頻度が高く、しかも外でネットを使う方におススメなのが、ポケットWifiです。


ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。
ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。まとまった作業が発生するときも安心です。
ただ、ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。
詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。
>>縛り無しWifiのことをまとめた記事はこちら