インターネットの検索サイトでキーワードを入力したり、会員登録などの情報を入力しようとした時、文字変換の反応が遅かったり、変な場所に文字が表示されてしまって戸惑った経験ありませんか?

Webサイトの表示速度は問題ないのに、文字が普通に入力できないのは困りますよね。

今回は、ネットで変換の反応が遅いなど、文字入力に関するトラブルについてその対処方法をご紹介しましょう。

マイコマイコ

インターネットを利用中の文字入力のトラブル…皆さん、多少なりとも経験があるのではないでしょうか?ただ、その状態がずっと続くわけではないので、原因を調べることもなく、そのままにしておく方が多いかもしれません。今回はネットでの文字入力のトラブルについて、その原因と対処法をご説明します。

文字入力(日本語入力)って?

マイコマイコ

パソコンやスマホで日本語の入力ができるのは「日本語入力システム」がそれぞれの端末に搭載されているからです。日本語入力システムも1種類ではなく、主なシステムには次のようなものがあります。

パソコンやスマホを購入すると、最初から日本語の入力ができるので、あまり意識したことはないかもしれませんが、パソコンやスマホには日本語を入力するための「日本語入力システム」が搭載されています。

Windowsパソコンの標準の日本語入力システムはMicrosoft IMEですが、他にも多くの種類があり、それぞれにバージョンも存在するため、日本語入力のトラブルは、システムやバージョンによって解決方法が異なってきます。

日本語入力システムの主なもの

名称 開発元
ATOK ジャストシステム
Baidu IME バイドゥ
Google 日本語入力 Google
Microsoft IME マイクロソフト
ことえり Apple

文字入力が遅い原因と対策は?

日本語入力システムがいくつか存在することを踏まえた上で、文字入力が遅くなる原因と対策をピックアップしてみましょう。

マイコマイコ

日本語入力システムには種類がたくさんあるため、それぞれのソフトによって入力が遅くなる原因は異なります。ここでは、主な日本語入力システムについて原因をご説明しましょう。

予測入力機能で遅れ発生~Windows10のMicrosoft IMEの場合

最新のOSであるWindows10でMicrosoft IMEを利用している場合、新たに追加された「予測入力」という機能が文字入力や文字変換を遅らせている可能性があります。

予測入力機能とは、キーボードから何文字か入力すると、いれようとしている文字(文章)を予測してその変換候補を表示してくれる機能です。

とても便利な機能ではありますが、この機能がオンになっていることによって、文字入力や変換が遅くなっている可能性もあります。

マイコマイコ

予測変換機能は、すべての文字を入力しなくても文字(文章)が表示されるので、とても便利です。ただ、この機能が原因で文字入力や変換が遅くなっている可能性もあります。

スポンサードリンク




予測変換機能をオフにする

Windows10でMicrosoft IMEを使っていて、文字入力が遅いと感じている場合は、Microsoft IMEの予測変換機能をオフにして、症状が改善するか試してみるとよいでしょう。

マイコマイコ

予測変換機能は、標準では「ON」になっていますが、下記の手順で「オフ」にすることができます。オフにして文字入力や変換の速度に変化があるか試してみましょう。

予測変換機能をオフにする方法

1.タスクバーの「A」または「あ」を右クリックします。

2.表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。

3.「Microsoft IMEの設定」画面が表示されるので「詳細設定」をクリックします。

4.「Microsoft IME の詳細設定」画面の「予測変換」タブを選択し、「予測入力を使用する」のチェックをはずして、OKをクリックします。

JWORDなどプラグイン(アドオン)の影響

アドオンとは、Internet Explorerに追加でインストールされる動画再生機能などの拡張プログラムのことです。使用すると便利なものもありますが、アドオンを有効にすることでネットが遅くなることもあります。

その中で文字入力が遅れる原因として考えられているのが、「JWORD」というプラグインです。

「JWORD」はインターネット検索情報サービスですが、知らない間にインストールされるケースもあります。利用していない場合は「JWORD」をアンインストールすることで文字入力の遅さが改善される可能性があります。

マイコマイコ

アドオンは、プログラムにあとから追加可能な機能ですが、アドオンが原因でトラブルがおきたり、動作が遅くなることもあります。アドオンは次の手順で無効にすることができます。

Internet Explorer11でアドオンを無効にする方法

1.Internet Explorer を起動し、画面右上にある「ツール」→「アドオンの管理」をクリックします。

2.「表示」→「すべてのアドオン」をクリックします。

3.無効に設定したいアドオン名をクリックし、「無効にする」をクリックします。

ここでは例として、「Quick Time Object」を無効に設定します。

JWORDのアンインストール方法(Windows7の場合)

マイコマイコ

最近はあまりありませんが、数年前までは、私もJWORDによるトラブルに何度も遭遇しました。文字入力が遅い、入力でトラブルが起きる場合は、JWORDがインストールされていないか確認しましょう。アンインストールすることでトラブルが解決する可能性があります。

【Windows 7 での操作手順】

1.「スタート」ボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。

2.「コントロール パネル」の画面内部の右上にある「表示方法」で「カテゴリ」を選択します。

3.「プログラム」下にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。

4.表示された一覧の中から JWordプラグインに該当する項目を探します。

5.「JWord プラグイン」を右ボタンでクリックし「アンインストール」をクリックします。

6.「ユーザー アカウント制御」の画面が表示されるので、「続行」をクリックします。

7.アンインストールについて確認する画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

8.アンインストールが終了し、再起動に関するメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

その他のOSでのJWORDのアンインストール方法

 

スポンサードリンク




 

Google 日本語入力システムを利用してみる

Microsoft IMEで文字入力の遅さが改善されない場合、他の日本語入力システムを使ってみるのもひとつの方法です。

実際、Google日本語入力を使うことで症状が改善したという情報もあります。

マイコマイコ

最初にもご説明しましたが、日本語入力システムには多くの種類があり、別の日本語入力システムを利用することで、トラブルが解決することもあります。入力システムが2つ以上はいっている場合は、切り替えて使うこともできます。

Google日本語入力システムのインストール方法

[Windows10・Google Chromeの場合]

1.Google日本語入力システムのサイトを開きます(https://www.google.co.jp/ime/

2.「Windows版をダウンロード」をクリックします

3.利用規約を確認し、「同意してインストール」をクリックします。

4.「名前を付けて保存」画面が表示されるので、場所を決めて保存をします。

5.画面左下にダウンロードしたファイル名が表示されるので、クリックします。

6.「ダウンロードしています」→「インストールしています」という表示が出ます。

7.インストールが終わると、下記の初期設定の確認画面が表示されるので、確認・設定をして「OK」をクリックします。

・Google 日本語入力次の設定の IME として設定する

・押し間違えの多いホットキー(Ctrl+Shift)による IME の切り替えを無効化する

・MS-IMEのユーザー辞書を Google 日本語入力に引き継ぐ

8.設定が終了すると、タスクバーにGoogle日本語入力の「青いマーク」が表示されます。

9.「青いマーク」をクリックするとGoogle日本語入力とMicrosoft IMEを切り替えることができます。

Microsoft Updateの影響

Microsoftで提供しているアップデートプログラムの影響で、Microsoft IMEがネット上でうまく動かなくなったこともあるようです。

すでに、修復プログラムも提供されているので、トラブルは解消されているはずですが、アップデートを行っていない方は、Windows Updateだけでなく、Office Updateも確認してみましょう。

参考→Windows Update と Microsoft Update ってどう違うの?

マイコマイコ

Windowsパソコンには、Windows  Update とMicrosoft Updateという2種類のUpdateがあります。詳細は上記リンクをご覧いただけると分かりますが、簡単にいうと、Windows UpdateはOSの更新、Microsoft UpdateはWordやExcelといったOfficeなどアプリケーションも対象になるUpdateです。日本語入力システム(Microsoft IME)は、Microsoft Updateの対象なので、IMEに何か不具合が見つかった場合は、Microsoft Updateから修復プログラムが提供されます。

入力した文字が画面の左上に出る

ネットで文字入力が遅いのとは別の現象ですが、検索エンジンで検索ボックスに文字を入力したはずなのに、画面の左上の枠に緑色の矢印とともに文字が表示されてしまう、というトラブルもあるようです。

参照:富士通 FMVサポート

マイコマイコ

文字入力についてのトラブルで、私が一番問い合わせを受けるのが、上記のように「入力した文字が画面の左上に出る」という症状です。インターネットを利用している時だけでなく、さまざまな文字入力シーンで発生する症状ですが、このようになったら次のように対処しましょう。

文字入力する画面が選択されていないのが原因

このようなトラブルは、文字を入力しようとした際、誤ってマウスやタッチパッドを触ってしまい、デスクトップなど日本語入力に対応していない欄に日本語を入れようとしている場合に起こります。

対処方法は?

1.表示されてしまった小さな枠の文字をBackSpaceキーで削除します

2.実際に文字を入力したい欄をクリックします

3.カーソルがその欄に表示されていることを確認して、文字を入力します

または、文字入力を「半角英数」にすることで通常どおり入力することができます

まとめ

インターネットはサクサク表示できるのに、いざ検索ボックスなどに文字を入力しようとしたら、文字入力が遅い、なかなか変換できない、ブラウザがフリーズしてしまう…。こんな状態になったら、困りますよね。

文字入力のトラブルは、ネット環境ではなく、日本語入力システムによるものが多いので、使用している日本語入力システムを確認し、その上で今回ご紹介したトラブル解決方法をチェックしてみてください。

また、どうしても解決しない場合は、他の日本語入力システムを使うのもひとつの方法だと思います。

マイコマイコ

文字入力のトラブルが何度も発生する場合は、Microsoft Updateを確認したり、場合によっては別の日本語入力システムを使ってみるのもよいと思います。また、同じキーを押した時に反応が遅い、入力できない時は、キーボードの故障も考えられます。そんな時は、メーカーや購入店に問い合わせをしましょう。

スポンサードリンク