最近、急にパソコンの動きが悪い、ネット接続が重くなったと感じている方…。

もしかしたら、その原因はスパイウェアかもしれません。

ウイルス対策はしっかりしているから大丈夫!と思っても、スパイウェアはあなたの無意識の操作でパソコンに入り込んでいる可能性もあるのです。

今回は、スパイウェアが原因でネットが遅くなった場合の対処方法をご紹介しましょう。

マイコマイコ

急にネットが遅くなった時、その原因がスパイウェアである可能性もあります。スパイウェアとは一体どんな悪さをするのでしょうか?スパイウェアが入り込んでしまったらどうしたらよいのでしょうか?
今回は、スパイウェアに注目して、ネットが遅くなった場合の対処方法をご説明しましょう。

スパイウェアって何?

そもそもスパイウェアとは何でしょう?

スパイウェアは「スパイ行為を働く機能を持つソフトウェア」と言われています。

ウイルスやワームのようにその定義は統一されておらず、セキュリティ対策ソフトを開発している会社でも、スパイウェアを「脅威」とするか「リスク」に分類するのか、その見解は異なっているようです。

マイコマイコ

スパイウェアはその名のとおり「スパイ行為を行うソフトウェア」というだけで、厳密な定義がありません。閲覧したホームページや購入した商品の情報を収集(スパイ)するマーケティング目的のものから、悪質な場合は、パソコン内の個人情報やパスワード、ファイルなど盗み出したりします。

何をスパイするの?

スパイウェアは、その名のとおり、インストールされるとインストールされたパソコンなどのデバイスの個人情報やインターネットの閲覧傾向やその詳細などを収集し、企業に送信します。

情報を受け取った企業は、その情報から閲覧傾向の分析やマーケティングデータを収集するほか、集めた情報を他人(他社)に販売したりするのです。

危険な「キーロガー」もスパイウェア

以前、ニュースなどでも取り上げられていたので、聞いた事がある方も多いかもしれませんが、「キーロガー」もスパイウェアのひとつです。

キーロガーがインストールされると、クレジットカードの暗証番号やログインする際のアカウント情報など、コンピュータを使って入力するすべての情報が、簡単に盗み出されてしまいます。

マイコマイコ

キーロガーもスパイウェアのひとつで、キーボードをどう操作したかを読み取ることで、クレジットカードの暗証番号やアカウント情報などを盗み出すソフトウェアです。

ウイルス(マルウェア)とは何が違うの?

知らないうちにこんな悪さをするのだったら、スパイウェアもウイルスと同じじゃないの?と思いますよね。

実はスパイウェアとウイルス(マルウェア)には大きな違いがあります。

それは、インストールにユーザーの許可があったか、なかったか、ということです。

ユーザーの許可なく勝手にインストール、または感染させられるのが「ウイルス(マルウェア)」

ユーバーの許可(同意)があった上でインストールされるのが「スパイウェア」

なのです。

マイコマイコ

ウイルス(マルウェア)との違いは、インストール時に許可があったかどうかです。でも、スパウェアの被害に遭った方は、許可した覚えがない!とおっしゃる方がほとんど。では、どうして許可した覚えがないのにインストールされてしまうのか?次にご説明しましょう。

スポンサードリンク




 

許可した覚えはないのにインストールされるのは何故?

ここまで読むと、ほとんどの方が「スパイウェアのインストールを許可した覚えなんてない!」と思われるのではないでしょうか?

では、許可した覚えがないスパイウェアはどんな経路でインストールされてしまうのでしょうか?

フリーソフトのインストール時・使用許諾契約書の読み飛ばし

マイコマイコ

使用許諾契約書を読まずに、インストールOKのボタンをクリックした経験…ありませんか?スパイウェアは、フリーソフトと一緒にダウンロード・インストールされてしまうケースが多く、フリーソフトの使用許諾契約書の中にスパイウェアのインストールも許可する記述が含まれていて、確認せずにOKボタンを押してしまうことで、実はスパイウェアのインストールを許可してしまっていることになるのです。

スパイウェアがインストールされてしまう経路として、一番多いのが、フリーソフトのダウンロード・インストール時です。

ソフトのダウンロード・インストール時には、必ず使用条件やインストール内容が表示され、使用許可承諾書に同意を求められます。

実は、この中にスパイウェアのインストールに関する記述が含まれ、内容を確認しないまま許可をすることで、スパイウェアのインストールに同意したことになってしまうのです。

偽の警告による誘導

マイコマイコ

偽の警告を表示して、「インストールしないと危険!」と恐怖感をあおり、インストールを誘導するケースもあります。

インターネットを使っていると、突然「あなたのパソコンは危険です」とか「スパイウェアが検出されました」といったメッセージが表示されることがあります。

ウイルス対策ソフトが作動して警告を出してくれているような印象を受けますが、ブラウザに表示されるこのようなメッセージは偽物です。

警告を表示することで不安にさせ「このソフトをいますぐインストールしましょう」と誘導して、スパイウェアをインストールさせる手口もあります。

ネットカフェなどのパソコンは要注意

マイコマイコ

不特定多数の人が利用するネットカフェなどは、悪意をもった人が個人情報を入手するため、意図的にスパイウェアを仕込む可能性があります。ネットカフェなどでパソコンを利用する際は、個人情報などの入力は絶対に避けましょう。

ネットカフェなど不特定多数の人が利用するパソコンには、意図的にスパイウェアがしこまれている(インストールされている)可能性があります。

ネットカフェなどでパソコンを利用する場合は、個人情報やパスワードなど入力をしないよう注意しましょう。

スパイウェアが動いているとネットが遅くなる

スパイウェアがインストールされてしまうと、パソコン内で個人情報を勝手に収集し、送信するという動作が行われるようになるため、ネットのスピードが遅くなります。

パソコンの性能にもよりますが、一般的なスペックの場合、1.5倍ぐらい遅くなるという情報もあり、性能の低いパソコンは、なかなかネットに繋がらなくなってしまう可能性もあります。

マイコマイコ

スパイウェアがインストールされ、動いているパソコンは、インストールされていないパソコンに比べると1.5倍ほど遅くなるという情報があります。急に遅くなった、何か変…と感じたら、次にご説明する方法でスパイウェアがインストールされていないか確認しましょう。

スポンサードリンク




 

スパイウェアがインストールされていないか調べる方法

使用しているパソコンに、スパイウェアが存在しているか否かは次の方法で調べることができます。

ウイルス対策ソフトでスキャンをする

パソコンにウイルス対策ソフトをインストールしている場合は、そのウイルス対策ソフトでスキャンします。スパイウェア削除機能のあるウイルス対策ソフトであれば、スパイウェアを検出、削除するはずです。

(スキャンの方法は各ウイルス対策ソフトのサポートをご確認ください)

マイコマイコ

スパイウェアが入り込んでいないかは、ウイルス対策ソフトで調べることができます。ここでは、Windows Defenderの場合の調べ方をご説明しましょう。

Windows Defenderでスパイウェアをスキャン

Windows標準のセキュリティ機能「Windows Defender」でもスパイウェアをスキャンすることができます。

手順は次のとおりです。

1.「スタート」ボタン→「設定」を選択します。

2.「設定」画面から「更新とセキュリティ」を選択します。

3.左のメニューから「Windows Defender」を選択し→「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」をクリックします。

4.「ウイルスの脅威の防止」をクリックします。

5.「クイックスキャン」をクリックします

6.スキャン結果が表示されます。

ウイルス対策ソフトにスパイウェア検出機能がない場合

マイコマイコ

ウイスル対策ソフトの中には、スパイウェアを検出する機能がない製品もあります。そんな場合も、Windows Defenderやノートンセキュリティの無料版でスパイウェアの検出が可能です。

使用しているウイルス対策ソフトにスパイウェア検出機能がない場合は、上記でご紹介したWindows Defenderやウイルス対策ソフトの無料版などを利用して確認をしましょう。

ノートンセキュリティスキャンは、ノートン以外の製品を利用していても無料でスキャンが可能です。

ノートンセキュリティスキャン

パソコンユーザのためのスパイウェア対策5箇条

情報処理推進機構では、パソコンを利用する人向けに、スパイウェア対策5箇条を発表しています。発表されたのは10年以上前ですが、スパイウェア対策の原則は今でも変わっていません。

1.スパイウェア対策ソフトを利用し、定期的な定義ファイルの更新およびスパイウェア検査を行う

2.コンピュータを常に最新の状態にしておく

3.怪しいサイトや不審なメールに注意

4.コンピュータのセキュリティを強化する

5.万が一のために、必要なファイルのバックアップを取る

補足:自分で管理できないコンピュータでは、重要な個人情報の入力を行わない

IPAスパイウェア対策のしおり

マイコマイコ

この5か条は、スパイウェア対策として紹介されていますが、他のサイバー攻撃から個人情報やファイル、ご自分の端末を守るためにも有効です。最近はスマホへの攻撃もありますから、上記の5か条をご家族ともぜひ共有し、被害に遭わないようご注意ください

スポンサードリンク




 

まとめ

スパイウェア対策は、個人情報の流出を防ぐために必要なことですが、その対策をすることがパソコンやインターネットの不具合を防ぐことにもつながります。

最近、突然インターネットが遅くなったと感じたら、ウイルス対策ソフトでパソコン全体のスキャンをしてみましょう。

ただ、ウイルス対策をしているからといって安心は禁物です。コンピュータを常に最新の状態にしておく、あやしいサイトや不審なメールに注意など、スパイウェア・ウイルス対策には、使用する本人の管理や注意がもっとも重要なことをお忘れなく。