有線でつないでいるパソコンは接続できるのに、Wi-Fi接続しているスマホやタブレットだけインターネットに接続ができない!そんな症状に遭遇したことありませんか?

どうしてこんなトラブルが発生するのでしょうか。そんな場合はどう対処したらよいのでしょうか。

今回は、有線なら繋がるのに無線だけが繋がらないトラブルの解決のポイントをご紹介します。

マイコマイコ

スマホの普及とともに自宅のインターネット環境を有線から無線に変えた方も多いのではないでしょうか。ケーブルに繋ぐ必要がないので便利ですが、電波は目に見えないため、トラブルが発生すると有線より面倒かもしれません。
今回は有線では接続できるのに無線で繋がらない原因や解決法をご説明しましょう。

トラブル解決のポイント

では、有線ではつながっていたインターネットが無線にしたら繋がらなくなってしまった場合、どのようにしたらよいか、次の点を確認することで解決につながります。

マイコマイコ

有線ではインターネットに接続できる、ということは、モデムは正常に動いていることになります。なぜ無線だけ繋がらないのか原因を絞り込むために次の点を確認していきましょう。

スポンサードリンク




 

接続機器や設定の確認

有線では接続できるのに無線でつながらない場合、まずはモデムやルーターの接続方法や設定を確認しましょう。

接続の仕方がまちがっていないか確認

マイコマイコ

まずは、モデムとルーターの接続を確認します。それぞれたくさんのポート(挿し込み口)がありますから、正しい場所に挿さっているか、マニュアルなどを見ながら確認してください。

有線で繋がる場合、まず、モデムと無線LANルーターが正しく接続されているかを確認してください。

モデムと無線LANルーターをLANケーブルでつなぎます。その際、無線LANルーター側の接続先端子が間違っていないか確認しましょう。

メーカーによって端子の名称は多少異なりますが、下記のような記載があり、ブルーなどの色分けがされています。

・INTERNET(インターネット)

・WANなど

モードの確認

マイコマイコ

モードのスイッチの入れ方によっても接続ができないことがあります。通常、AUTOが推奨されていますが、不明な場合は無線LANルーターのメーカーに問い合わせをしましょう。

無線LANルーターにはROUTER(ルーター)とかかれた小さなスイッチがあります。これは、ルーターの動作モードを決めるスイッチです。

メーカーやついている機能によってスイッチの名称は多少異なりますが、このスイッチをどこに設定するかは、回線業者から提供されているモデムにルーター機能があるか否か、その機能がオンになっているか否かによって変わってきます。

※モデムにルーター機能がある場合でも、スイッチをOFFより AUTOが推奨されています。

無線LANルーターの

ルータースイッチ

モデム 備考
ON(ルーターモード)にする場合 ルーター機能なし

もしくは

ルーター機能が無効の場合

OFF(ブリッジモード/APモード)にする場合 ルーター機能があり、ルーター機能が有効になっている場合
AUTOにする場合 モデムにルーター機能があるかどうか不明の場合は、AUTOにすることで回線を自動的に判別
中継機モード/WBモードにする場合 無線LANルーターを中継機をして利用する場合

 

スポンサードリンク




モデムとルーターの電源を入れなおす

マイコマイコ

これまで接続できていたのに、急に繋がらなくなった場合は、モデムとルーターの電源を入れ直すのが有効な方法です。初めてつないだのに繋がらなかった場合も、接続を確認の上、念の為モデムとルーターを再起動してみましょう。

接続の確認ができたら、モデムとルーターの電源をいったんオフにし、再度電源を入れなおしてみましょう。

有線で繋がる場合、トラブルの原因は無線LANルーターにあるケースが多いのですが、念のためモデムの電源も入れなおしましょう。

①モデムと無線LANルーターの電源を抜きます(モデムもルーターもスイッチはありません)

②5分ほど待ちます

③モデムの電源をいれます

④モデムのランプが安定するまでまちます(2~3分)

⑤無線LANルーターのアダプターをコンセントに差し込みます

⑥無線LANルーターのランプが安定するのを確認できたら、無線で接続ができるか確認します

パソコンが接続できない場合(パソコンの設定確認)

接続機器を再起動してもWi-Fiに接続できない場合は、端末側の設定を確認しましょう。

まずは、パソコンの場合をご説明します。

マイコマイコ

最近の無線LANルーターは、パスワードを入力しなくても、AOSSボタンなどで自動設定ができる機種がほとんどです。ただ、その機能を使っても接続できなかった場合は、次の手順で手動で接続をしてみましょう。SSIDとパスワードは無線LANをルーターの側面や裏面、もしくはカードに記載されています。

パスワードの確認

モデムやルーターを再起動しても接続できない場合は、あらためて無線のパスワードなどの設定を確認します。

AOSSボタンなど、まずメーカーで提供しているサービスで無線の設定をしてみましょう。

また、つぎのように手動で無線の設定をする方法もあります。

【Windows10の場合】

①タスクトレイに表示されている「ネットワーク」アイコンをクリックして、ネットワーク一覧を表示させます。

②表示されるネットワーク名(SSID)の一覧から、接続しようとしているSSIDを選択します。

(SSIDは、無線LANに添付されているラベル等を確認)

③ラベルに記載されている暗号化キーを入力して、【次へ】を押します。

※暗号化キーはラベルに記載されているとおり(小文字は小文字、大文字は大文字で)入力を行ってください。

④接続できるとネットワークアイコンの*マークが消えます

パソコンの無線スイッチを確認

マイコマイコ

パソコンの無線LANスイッチの場所や切り替え方法をご存知ない方も多いと思います。スイッチの場所によっては、何かの拍子で切り替わってしまうこともあります。この機会に無線のスイッチの切り替え方法を確認し、オンになっているか調べましょう。オンになっている場合も、オン→オフ、オフ→オンと入れ替えることでトラブルが解消することがあります。

パソコンには無線オンオフを切り替えるスイッチがあります。

メーカーによっては、スライド式のスイッチがパソコンの側面についているため、無意識に触ってスイッチをオフにしてしまっていることもあります。

機種ごとに、無線機能を有効にする方法は異なりますが、ボタンやキーボードで操作する場合は、次の手順でオンにすることができます。

・パソコン本体に無線LANスイッチがついている場合…キーボードの上方や本体の前面、側面にスイッチがあるパターンが多い

・キーボードで操作する場合…キーボードの「Fn」キーを押しながら、「F2」もしくは「F1」を押す

ブラウザーの設定

インターネットを閲覧するソフトのことをブラウザーと言いますが、ブラウザーには、Internet Explorerの他、Firefox、Chrome、Edgeなどがあります。

Internet Explorerでは表示できなくても、他のブラウザーで表示が可能な場合は、アドオンを無効にしたり、設定を初期状態に戻すことで問題が解決することがあります。

マイコマイコ

アドオンとは、親ソフトウェアに、後から追加できる子ソフトウェアのことです。
アドオンを入れることで、新しい機能(拡張機能)が使えるようになりますが、アドオンが原因でインターネットに接続できなくなることもあります。

<Internet Explorerでアドオンを無効にする方法>

①Internet Explorer を開いて、ツール→アドオンの管理を選びます。

②左の表示欄からすべてのアドオンを選び、無効にするアドオンを選びます

③無効にする→閉じる

セキュリティソフト

マイコマイコ

セキュリティソフトを入れ替えたり、アップグレードするなど変更を加えた直後から、無線LANに接続できなくなった場合、原因はセキュリティソフトにあることが考えられます。一旦、セキュリティソフトを停止して、接続可能か確認してください。
なお、確認ができたらセキュリティソフトを有効に戻すのを忘れないようにしましょう。

ウイルス対策ソフトが原因で無線LANに接続できない場合もあります。

ウイルスソフトを一時的に停止して、接続ができるか確認してみましょう。

ウイルスソフトを停止して接続が可能になる場合は、ウイルス対策ソフトが原因ということになりますので、ウイルス対策ソフトのメーカーに問い合わせをしてください。

スマホやタブレットの場合(スマホ・タブレットの設定確認)

スマホやタブレットが無線L ANにつながらない場合は、次のことを試してみてください。

マイコマイコ

スマホやタブレットの場合は、まずWi-Fiがオンになっているか、機内モードになっていないか確認しましょう。設定が正しい場合も、ON→OFF、OFF→ONにスイッチを何度か切りかえることで修復することもあります。

 Wi-Fiはオンか?機内モードになっていないか確認

接続機器を再起動してもスマホがWi-Fiに接続できない場合、まず確認して欲しいのは、Wi-Fi機能がオンになっているか?機内モードになっていないか?という点です。

iPhone、Android端末、それぞれ次の手順で確認することができます。

iPhoneの場合

①iPhoneの画面を下から上にスワイプする

②表示されるコントロールセンターで、Wi-Fiと機内モードを確認

※下の画像は、Wi-Fiがオン、機内モードがオフの状態です。

 

または、

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「機内モード」がオフになっていることを確認します。

②次に「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiがオンになっていることを確認します。

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiがオンになっているか確認します。

③「その他の設定」をタップします。

④「機内モード」がオフになっているか確認します。

※Android端末は機種によって設定方法が多少違ってきます。

再起動する

マイコマイコ

パソコンもそうですが、スマホも再起動することでメモリがクリアされ、トラブルが解消することがあります。

Wi-Fiがオンになっているのにスマホが無線LANにつながらない場合、スマホを再起動することでなおることがあります。

再起動することで誤作動がリセットされ、トラブルが解決する可能性があります。

次は再接続

再起動でダメだったら、登録されているネットワーク接続をいったん削除して、再度接続してみましょう。

ネットワークの削除方法はiOS、Androidそれぞれ以下のとおりです。

iOS(iPhoneやiPad)の場合(その1)

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

③「このネットワーク設定を削除」をタップします。

④確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

マイコマイコ

iOSには、「ネットワーク設定のリセット」という方法もあります。ただ、この方法は、モバイルデータ通信の設定もリセットしてしまうため、場合によっては電話が使えなくなる可能性があります。まずは「その1」の方法を試しましょう。

iOS(iPhoneやiPad)の場合(その2)ネットワーク設定のリセット

iOS(iPhoneやiPad)の場合、ネットワーク設定をリセットする方法もあります。

ただし、この方法の場合、インターネットの共有(テザリング)の設定、VPNの設定、モバイルデータ通信の設定もリセット・消去されますのでご注意ください。

ネットワーク設定をリセットする手順

①「設定」をタップします。

②「一般」をタップします。

③「リセット」をタップします。

④「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑤(パスコードを設定中の場合)パスコードを入力します。

⑥「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑦自動的に再起動します。

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップします。

③表示されたWi-Fiアクセスポイントの一覧で「設定」のアイコンをタップし「保存済みネットワーク」をタップします。

④削除したいネットワーク(SSID)をタップして「削除」をタップします。

上記の方法で、ネットワークを削除したあと、再度、接続してみます。

無線のチャンネルを切り替える

家の中には、目にはみえなくてもいろいろな電波が飛び交っています。その電波同士が干渉しあって電波が飛びにくくなり、無線LANの接続ができない場合もあります。

電波干渉を起こす可能性あるものとしては、電子レンジ、コードレス電話、ワイヤレスマウスなどが考えられますが、電波干渉によって無線LANの接続ができない場合は、規格やチャンネルを変更することで症状を改善できる可能性があります。

なお、無線の規格には下記の種類があり、それぞれ長所と短所があります。

電波干渉を受けやすいのは、2.4GHz帯の11n/11g/11b規格で、マンションの隣の部屋でルーターを設置したことで干渉を受けて繋がらなくなることもあります。

周波数帯 2.4GHz帯 5GHz帯
無線規格 11n/11g/11b 11ac/11n/11a
長所 ・5GHzよりも電波が遠くまで届く ・他の無線との干渉が少ないため、通信が安定している
短所 ・同じ周波数帯の機器(無線ルーター、電子レンジ、Bluetooth、電話機など)が多く存在するため、電波干渉しやすく、通信が不安定になりやすい ・壁や天井などの障害物に弱い
・通信距離が長くなると電波が弱くなる

 

マイコマイコ

無線LANルーターの箱に、11n、11gといった文字が並んでいるのを見たことありませんか?これは無線の規格です。それぞれ特徴があって、パスワードは正しいのに、接続できない場合は、この規格やチャンネルを変更することで解決できる可能性があります。

 

受信するチャンネルを変更する方法は?

無線LANルーターから、同じSSIDで複数の周波数の電波が出ている場合、受信するSSIDの規格をGからAなどへ変更することができます。

変更するには、

設定→Wi-Fi→一覧から切り替えたいSSID名(この場合はA)を選択します。

パスワードを入力する画面が表示された場合は、無線LANルーターについているシールなどで確認をして、パスワードを入力します。

スマホ故障の可能性も…

マイコマイコ

以上の点を確認しても、自分のスマホだけWi-Fiに接続できない場合は、スマホの故障も考えられます。携帯電話会社に問い合わせをする際は、自分で試した内容を伝えることで原因の絞り込みがされ、それがはやい解決に繋がるかもしれません。

上記の点を全て確認してもなお、自分のスマホだけWi-Fiに繋がらない場合は、端末が故障している可能性も出てきます。

その場合は、携帯会社やメーカーに問い合わせをして確認をしましょう。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

マイコマイコ

有線では繋がるのに無線では繋がらないトラブルに遭遇した時、無線LANルーターの再起動だけですんなりトラブルが解消した経験が、私は何度もあります。ただ、場合によっては端末の故障も考えられますので、ひとつずつ確認し、原因を絞り込んでいきましょう。

有線では繋がるのに無線だと接続できない場合、トラブルの原因は無線LANルーターにあるケースがほとんどです。

その場合、無線LANルーターを再起動することでトラブルは解決しますが、それでも復旧しない場合は、上記でご紹介した方法を順に試してみてください。

Wi-Fiトラブルを解決するには、まずはモデムやルーターなどの接続機器の設定、それから端末といった具合に、手順をおって確認していくことが解決への近道です。

 

 

パソコンインストラクターが教える快適ネット診断


マイコマイコ

貴方の今のインターネット環境はいかがでしょうか?
推奨されるべきネット環境を簡単に回答可能な質問に答えるだけで判断できます。興味がある方は一度お試しください。



①固定回線のプロバイダーの変更


マイコマイコ

私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。
規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。


ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。
ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか?
最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。
また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。
フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。


>>フレッツ光・光コラボの詳細はこちら

②ポケットWifi・Wimaxの利用


マイコマイコ

ネットの利用頻度が高く、しかも外でネットを使う方におススメなのが、ポケットWifiです。


ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。
ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。まとまった作業が発生するときも安心です。
ただ、ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。
詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。
>>縛り無しWifiのことをまとめた記事はこちら