パソコンでもスマホでも、Wi-Fiの接続が正常かどうかは、扇のようなWi-Fiアイコンを確認するとすぐに分かります。

ただ、アイコンは正常に表示されているのにインターネットに接続ができない!そんなトラブルが発生することもあります。

扇マークはちゃんと表示されているのに、インターネットに接続できないのは何故なのでしょうか?

今回は、アイコンは正常なのにインターネットに繋がらないトラブルの解決方法をご紹介しましょう。

マイコマイコ

Wi-Fi接続アイコンをみると、Wi-Fiの状態が確認できてとても便利です。ところが、Wi-Fi接続アイコンの状態は正常なのに、インターネットに繋がらない!というトラブルが発生することもあります。
今回は、そんな場合のトラブルの原因と解決方法をご説明しましょう。

Wi-Fi接続アイコンが正常って?

マイコマイコ

まずは、正常な状態のWi-Fi接続アイコンについて確認しておきましょう。パソコンとスマホでWi-Fi接続アイコンの表示場所・形状は少し異なります。

まずはパソコンとスマホのWi-Fi接続アイコンについてご説明しましょう。

パソコンの場合

パソコンが無線LANにつながっているかどうかは、画面右下のタスクバーに表示されているネットワークアイコンを確認することで確かめることができます。

無線LANからの電波をちゃんと受信している場合は、ネットワークアイコンが扇のようなマーク(①)になっています。

電波を受信していない場合は、ネットワークアイコンに*マークやビックリマーク(②)がつきます。

①無線LANの電波を受信している場合

②無線LANの電波を受信していない場合

スマホの場合

マイコマイコ

スマホの場合、機種によってアイコンの表示場所が異なります。ご自分の機種で確認し、分からない場合はマニュアルなどを確認してみましょう。

スマホが無線LAN接続されているか確認する場合は、スマホ画面の上に表示される、接続先のアイコンを確認することで確認することができます。

無線LANの電波を受信している場合は、扇のようなマーク(①)が表示されますが、受信していない場合は、4GやLTE(②)といった表示になります。

①無線LANの電波を受信している場合

②無線LANの電波を受信していない場合

 

スポンサードリンク




 

アイコンは正常(扇マーク)なのにインターネットに繋がらない状態とは?

アイコンが正常な表示になっているということは、基本的には端末と無線LANルーターの接続はできていると考えてよいでしょう。

では、どこに問題があるのでしょうか?

問題はモデムにあり?

マイコマイコ

Wi-Fi接続アイコンは、無線LANルーターと端末(スマホやパソコン)の接続の状態を示しているものです。
つまり、Wi-Fi接続アイコンが正常に表示されている場合、ルーターと端末の間には問題はなく、トラブルの原因はモデムにあると考えられます。

無線LANルーターを利用して、インターネットに接続する仕組みは簡単に言うと、以下のようになります。

A:モデムから有線で無線LANルーターに接続

B:無線LANルーターから電波を飛ばし、スマホやパソコンで受信

スマホやパソコンで無線LANルーターからの電波をちゃんと受信しているということは、Bの部分(無線LANルーターからスマホやパソコン)の部分は正常に動いていると判断してよいでしょう。

となると、考えられる原因はA(モデムもしくは、モデムと無線LANルーターの間)となります。

 

スポンサードリンク




 

トラブルを解決するには?

では、トラブルをするにはどうしたらよいのか、そのポイントを次にご紹介しましょう。

モデムと無線LANルーターの接続を確認

まず、モデムと無線LANルーターが正しく接続されているかを確認します。

モデムと無線LANルーターはLANケーブルで接続しますが、LANケーブルが外れていないか、無線LANルーター側の接続先端子が間違っていないかを確認してください。

メーカーによって端子の名称は多少異なりますが、下記のような記載があり、ブルーなどの色分けがされています。

・INTERNET(インターネット)

・WANなど

マイコマイコ

まずはモデムとルーターの接続が正しいか、きちんと接続されているかを確認します。接続に問題がない場合は、モデムと無線LANルーターを再起動してみましょう。

再起動する

モデムと無線LANルーターの接続が確認できたら、次に再起動を行います。

モデムを使い続けていると誤作動を起こすことがありますが、モデムの誤作動は、ほとんどの場合、再起動させるとなおります。

今回の場合、モデムの再起動だけで修復可能だと思いますが、念のため無線LANルーターの電源も抜いて、正しい順番で電源を入れなおしましょう。

再起動の方法と手順

再起動は次の手順で行いましょう。

①モデムと無線LANルーターのコンセントを抜きます。

②5分~10分待ちます。

③モデムの電源をいれます

④モデムと無線LANルーターの接続を確認します

⑤無線LANルーターのアダプターをコンセントに差し込みます

マイコマイコ

私の経験では、再起動するだけで多くの場合、接続が回復しました。
ただ、再起動の際には、電源を入れる順番や電源を入れるまでの待ち時間を必ず守るようにしましょう。すぐに電源を入れてしまうと、トラブルが解消されず、同じ作業を繰り返さなくてはいけなくなるケースがあります。

端末の再起動

接続を確認し、モデムの再起動を行ってもインターネットに接続できない場合は、パソコンやスマホなど端末の再起動を行いましょう。

画面を消すだけでなく、パソコンはシャットダウンして再起動、スマートフォンも電源をオフにしたあと、再度電源を入れて、インターネットに接続できるか確認しましょう。

マイコマイコ

今回のトラブルでは、端末側には問題がないと思われますが、モデムの再起動などを行っても接続が復旧しない場合、端末も再起動してみましょう。
場合によっては、上記でご説明した作業を次の順番で繰り返すことも有効です。
端末→ルーター→モデムの順番で電源を切り、モデム→ルーター→端末の順番で電源を入れる。

ネットワーク設定のリセット

すでに登録されているネットワークを削除したり、ネットワークをリセットすることでトラブルが解決することもあります。

iOS(iPhoneやiPad)の場合(その1)

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

③「このネットワーク設定を削除」をタップします。

④確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

マイコマイコ

iPhoneには、ネットワーク設定のリセットという方法もあります。ただ、この方法は、モバイルデータ通信の設定もリセットされてしまい、場合によっては電話が繋がらなくなることがありますので注意しましょう。

iOS(iPhoneやiPad)の場合(その2)ネットワーク設定のリセット

iOS(iPhoneやiPad)の場合、ネットワーク設定をリセットする方法もあります。

ただし、この方法の場合、インターネットの共有(テザリング)の設定、VPNの設定、モバイルデータ通信の設定もリセット・消去されますのでご注意ください。

ネットワーク設定をリセットする手順

①「設定」をタップします。

②「一般」をタップします。

③「リセット」をタップします。

④「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑤(パスコードを設定中の場合)パスコードを入力します。

⑥「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑦自動的に再起動します。

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップします。

③表示されたWi-Fiアクセスポイントの一覧で「設定」のアイコンをタップし「保存済みネットワーク」をタップします。

④削除したいネットワーク(SSID)をタップして「削除」をタップします。

上記の方法で、ネットワークを削除したあと、再度、接続してみます。

プロバイダーに原因があるケースも

これまでのポイントを確認しても、まだインターネット接続が出来ない場合は、プロバイダー(接続業者)側に原因がある可能性があります。

その場合は、プロバイダーのサポートセンターに問い合わせをしましょう。

マイコマイコ

私の経験では、多くの場合、モデムやルーター、端末の再起動でトラブルは解決しました。
でも、再起動などご説明したポイントを確認しても接続できない場合は、接続業者側に問題があることも考えられますので、プロバイダーのサポートセンターに問い合わせをしてみましょう。
こんな時のために、接続業者やプロバイダー、契約者番号など必要な情報を整理しておくことも大切です。

スポンサードリンク




 

まとめ

Wi-Fi接続にトラブルが発生すると、アイコンにビックリマークがついたり*マークがついて、エラーの原因がある程度絞り込めるのですが、Wi-Fiアイコンが正常に表示されていると、トラブルに気づきにくく、端末の故障かも?と思ってしまいがちです。

ただ、アイコンが正常な扇マークなのにインターネットに接続できない場合は、モデムに原因があることが多く、多くの場合モデムの再起動でトラブルは解消します。

それでも問題が解決しない場合も、上記でご紹介したポイントをひとつずつ確認してみてください。

 

 

 

パソコンインストラクターが教える快適ネット診断


マイコマイコ

貴方の今のインターネット環境はいかがでしょうか?
推奨されるべきネット環境を簡単に回答可能な質問に答えるだけで判断できます。興味がある方は一度お試しください。



①固定回線のプロバイダーの変更


マイコマイコ

私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。
規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。


ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。
ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか?
最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。
また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。
フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。

>>フレッツ光・光コラボの詳細はこちら]

②ポケットWifi・Wimaxの利用


マイコマイコ

ネットの利用頻度が高く、しかも外でネットを使う方におススメなのが、ポケットWifiです。


ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。
ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。まとまった作業が発生するときも安心です。
ただ、ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。
詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。
>>縛り無しWifiのことをまとめた記事はこちら