Wi-Fiに接続したいのに、Wi-Fi設定が灰色(グレーアウト)していてオンにできない!そんなトラブルが主にiPhoneで報告されているようです。

Wi-Fiをオンにできなかったら、接続どころか設定を先に進めることができません。

では、そんな事態に直面してしまったらどうしたらよいのでしょうか?そもそも自力で解決する方法があるのでしょうか?

今回は、Wi-Fi設定がグレーアウトした時の解決ポイントについてご紹介しましょう。

マイコマイコ

iPhoneのWi-Fi設定が灰色になってONにできない…そんな状態のことを「グレーアウトしている」と言います。グレーアウトの状態では、Wi-Fiの接続どころか設定をすることもできません。この種のトラブルの報告はそれほど多くありませんが、自分のiPhoneに起こらないとは限りません。今回はWi-Fi設定がグレーアウトしてしまったときの対処方法のついてご説明します。

iPhoneでWi-Fi設定がグレーアウトする症状とは?

iPhoneでは、ホームの「設定」からWi-Fiをタップし、Wi-Fiをオンにすることができます。

グレーアウトとは、このWi-Fiの部分がグレーになっていて、「オン」にすることができない状態のことをいいます。

画面を下から上にスワイプすると表示されるコントロールセンターでも、Wi-Fiのオン・オフを切り替えられますが、グレーアウトしている時はコントロールセンターでもWi-Fiをオンにすることができません。

マイコマイコ

通常、Wi-Fi設定のオン・オフは、iPhoneの「設定」→「Wi-Fi」もしくは、画面を下から上にスワイプすると表示される「コントロールセンター」で行うことができます。このWi-Fi設定が灰色になって動かせない状態のことを「グレーアウト」といいます。

スポンサードリンク




 

グレーアウトの解決方法は?

上記のようにiPhoneでWi-Fiがグレーアウトしてオンにならない場合、次の事を試してみてください。

まずは再起動

マイコマイコ

トラブルが発生した時、私が皆さんにまず試していただくのが「再起動」です。今回のようなグレーアウトだけでなく、他の誤作動も再起動することでクリアされ、トラブルが解消するケースが多くあります。

パソコンもそうですが、iPhoneも再起動することで誤作動がリセットされ復旧することがあります。

iPhoneを再起動し、Wi-Fiがオンにできるか確認してみましょう。

機内モードのON→OFF

マイコマイコ

機内モードがONになっているとWi-Fiの接続はできません。まれに、機内モードがONになっていないのに、Wi-Fiが接続できなくなることがあります。再起動でトラブルが解決しない場合は、機内モードのスイッチを、OFF→ON、ON→OFFと切り替えてみてください。

再起動で復旧しなかった場合は、機内モードをONにし、数秒おいて再びOFFに戻すという操作を行ってみてください。

iPhoneでは、まれにiOSとアプリが正しく連動せず、「機内モードがONになっていないのに、実際にはONの状態になる」という現象が起きることがあります。

機内モードをいったんONにしてからOFFに戻すことで、機内モードがクリアされ、Wi-Fi設定が可能になることがあります。

機内モードのON→OFFの方法

機内モードのONとOFFを切り替える方法は次のとおりです。

①ホームの「設定」をタップします

②機内モードを「ON」にし、再度「OFF」に戻します

または

①画面をスワイプし、飛行機のマーク(機内モード)をタップしてONにします。

②再度タップしてOFFにもどします。

iOSのアップデートがされているか確認

マイコマイコ

iOSとは、アップ社が開発したiPhone、iPad、iPod-touchなどのモバイル向けのOSです。OSとは、Operating Systemの略で、アプリやタッチパッドなどのデバイスを動かすための基本ソフトのことを指し、不具合を解消するため、また、機能の追加やセキュリティ面の強化があると更新されます。このiOSが最新になっていないことで不具合が発生することもあります。

まれに、iOSが最新版でないことが原因で、不具合が発生することもあります。

次の手順で、iOSが最新版かどうかを確認し、アップデートがある場合は、OSのアップデートを行ってみてください。

アップデートによってWi-Fiの不具合が解消される可能性があります。

1.設定をタップします

2.一般をタップします

3.ソフトウェアアップデートをタップします

4.「お使いのソフトウェアは最新です」と表示された場合は、iOSは最新版です。アップデートが表示された場合は、アップデートを行いましょう

※必要に応じてバックアップを行ってください

ネットワーク設定のリセット

マイコマイコ

ネットワーク設定をリセットするのもトラブル解消のひとつの方法です。ただ、ネットワーク設定をリセットすると、モバイルデータ通信の設定もリセットされ、場合によっては電話が繋がらなくなることがあるので、注意しましょう。

ネットワーク設定をリセットする方法もあります。

ただし、この方法の場合、インターネットの共有(テザリング)の設定、VPNの設定、モバイルデータ通信の設定もリセット・消去されますのでご注意ください。

ネットワーク設定をリセットする手順

①「設定」をタップします。

②「一般」をタップします。

③「リセット」をタップします。

④「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑤(パスコードを設定中の場合)パスコードを入力します。

⑥「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑦自動的に再起動します。

バッテリーをリフレッシュする

マイコマイコ

バッテリーを長持ちさせるために、たまにバッテリーのリフレッシュを行ったほうがよい、と言われています。バッテリーのリフレッシュを行うことで、グレーアウトが解消される可能性もあります。

関連性ははっきりしませんが、バッテリーをリフレッシュすることで不具合が修復されるという情報もあります。

バッテリーをリフレッシュする方法は次のとおりです。

①iPhoneをケーブルと接続し100%になるまで充電する。

②充電が完了したら、そのままバッテリーの残量が0%になり、電源が落ちるまで使う。

③電源が落ちたら、再び100%になるまで充電をする。

スマホ故障の可能性も…

上記の点を全て確認してもなお、Wi-Fi設定がグレーアウトしている場合は、端末が故障している可能性も出てきます。

その場合は、携帯会社やアップルストアに持ち込むなどして確認をしましょう。

iPhoneの修理について(Apple 認定エキスパートによる修理サービス)

マイコマイコ

自力で解決できればよいのですが、上記の点をすべて確認してもグレーアウトが解消しない場合は、それ以上、iPhoneの設定をいじらず、携帯電話会社かアップルストアに相談することをオススメします。問い合わせする時は、自分で試した作業を伝えると、トラブルの原因を絞り込むことができ、早く解決する可能性があります。

スポンサードリンク




 

まとめ

Wi-Fi設定がグレーアウトしてオンにならないと、どこをどう操作したら修復できるのか、戸惑ってしまいますよね。

でも、そんな場合も他のトラブルと同様、まずiPhoneの再起動を行ってみてください。

再起動でもWi-Fi設定がオンにできない場合は、アップデートの確認やバッテリーのリフレッシュなど試してみるポイントはいくつかあります。

ただ、ここでご紹介した方法を試してもWi-Fi設定がオンにできない場合は、ハード的な故障の可能性もありますから、他の設定はあまりいじらずアップルに問い合わせをすることをおススメします。