最近はコンビニやカフェだけでなく、コンビニでもWi-Fiのサービスが提供されるようになりました。

よくいく場所ですから、コンビニでWi-Fiが繋がると便利ですよね。

ただ、サクッと繋がってサクサク動けばいいのですが、うまく繋がらないトラブルも少なからずあるようです。

今回は、コンビニのWi-Fiについて、接続の方法や繋がらない場合の対処方法についてご紹介しましょう。

マイコマイコ

全国にあるコンビニでWi-Fiが利用できたら便利ですよね。でも、登録が面倒、繋がりにくい…と、利用していない方も多いと聞きます。今回は、コンビニWi-Fiへの接続方法から接続トラブル対処法まで細かくご説明しましょう。

コンビニのWi-Fiに接続するには

マイコマイコ

コンビニ大手3社ともに、Wi-Fiサービスを提供しています。その利用方法は次の通りです。


まず、コンビニ3社のフリーWi-Fiに接続する方法をご紹介しましょう。

コンビニ名 SSID セキュリティ 接続方法 1日に利用できる時間・回数
セブンイレブン 7SPOT  - 初回に会員登録が必要

(メールアドレス・性別・誕生年・パスワードを設定、正会員登録用のURLが記載されたメールが届くのでそのURLをクリックして登録完了

1日3回、 1回60分まで
ローソン LAWSON_Free_Wi-Fi  - ・初回のみ利用規約同意とメールアドレス入力が必要

※メールアドレスは1年間有効

1回60分で、1日5回までご利用できます。
ファミリーマート Famima_Wi-Fi  - ・初回に利用登録が必要

(メールアドレス・性別・パスワードの設定→仮登録後届いたメールに記載されたURLから本登録を行う)

「ファミリーマートWi-Fi簡単ログインアプリ」ログインした場合:  1日最大「60分×3回」

ブラウザ経由でログインした場合:1日最大「20分×3回」

 

スポンサードリンク




 

コンビニのWi-Fiへの登録手順

マイコマイコ

コンビニのWi-Fiを利用するには、最初に登録が必要です。その手順について、セブンイレブンを例にご説明しましょう。他のコンビニについては、この章の最後に記載してある各社へのリンクをご参照ください。


コンビニWi-Fiを利用する手順を、セブンイレブンを例にご説明しましょう。

セブンイレブンの場合

【iPhoneの場合】

1.「設定」をタップします

2.「Wi-Fi」を選択します

3.ネットワークの一覧から、「7SPOT」を選択します

4.ブラウザを起動します。更新ボタンやお気に入りの中のサイトを開くと、セブンスポットのページが表示されます。

5.セブンスポットのページから「新規会員登録(無料)」ボタンを選択します。

6.メールアドレス、性別、誕生年、パスワードを設定し、登録ボタンを押します。

7.登録したメールアドレスに正会員登録用のURLが記載されたメールが届きます。そのURLをクリックし、下記の画面が表示されたら正会員の登録が完了。「サービスを開始する」ボタンを押します。

【Androidの場合】

1.「設定」をタップします

2.「無線とネットワーク」を選択します

3.「Wi-Fi設定」を選択します

4.ネットワークの一覧から「7SPOT」を選択します

5.セブンスポットのページから「新規会員登録(無料)」ボタンを選択します。

6.メールアドレス、性別、誕生年、パスワードを設定し、登録ボタンを押します。

7.登録したメールアドレスに正会員登録用のURLが記載されたメールが届きます。そのURLをクリックし、下記の画面が表示されたら正会員の登録が完了。「サービスを開始する」ボタンを押します。

ローソンとファミリーマートの登録方法は次のサイトをご参照ください。

LAWSON Wi-Fiサービス

ファミリーマートのWi-Fi無料インターネット接続

ファミリーマートWi-Fi簡単ログインアプリ

 

スポンサードリンク




 

コンビニのWi-Fi接続のトラブル対処法は?

コンビニのWi-Fiに接続する手続きは、それほど難しくありません。

ただ、登録が必要なため、登録画面が表示されなかったり、本登録のURLが記載されたメールが届かないなどのトラブルもあるようです。

そのようなトラブルが発生した時の対処方法を次にご紹介しましょう。

マイコマイコ

コンビニのWi-Fiに接続できない原因は
・最初の登録が完了していない、登録できていない
・登録は完了しているけれど、接続トラブルが発生している
の2つのケースが考えられます。それぞれの対処法を次にご説明しましょう。

登録手続きが完了していない

初めて利用する際は、利用登録が必要で、登録手続きが完了していない場合はコンビニのWi-Fiに接続することができません。

本登録のためのメールが届かない場合は次の点を確認しましょう。

メールアドレスが間違っていないか

まず、登録時に入力したメールアドレスが間違っていないか確認してみましょう。

間違えていた場合は、正しいメールアドレスを入力して、再度仮登録手続きをしてください。

マイコマイコ

登録できない原因の多くは、メールアドレスの入力ミスや、メールの受信拒否設定にあるようです。スマホの画面でメールアドレスを入力するのは少々面倒ですから、入力ミスがないかしっかり確認して再度登録をしてみまましょう。

Wi-Fiをオフにしてみる

セブンイレブンの7SPOTの場合、「7SPOT」に接続中はメールを受信できないことがあります。

正しいメールアドレスを入力したのに、メール受信ができない場合は、Wi-Fiをオフにして受信できるか確認してみましょう。

マイコマイコ

コンビニの近くで登録をしようとすると、まだ登録が完了していなくても、そのコンビニのWi-Fiを拾ってしまい、メールの送受信がうまくいかないことがあります。一旦、Wi-Fiをオフにし、登録が完了したら再度Wi-Fiをオンにして、接続を確認してみましょう。

受信拒否や迷惑メールを確認

特にキャリアメールの場合、迷惑メール設定が強化されて、登録のためのメールが迷惑メールに振り分けられたり、受信拒否の設定になっている場合もあります。

迷惑メールフォルダ―フォルダにも入っていない場合は、受信拒否設定になっていないか確認しましょう。

登録したのに繋がらない

会員登録はしたのに繋がらない場合は、次の点を確認しましょう。

利用時間・回数の超過

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートともに、1日の利用時間や利用回数に制限があります。

その時間や回数を超過した場合は、接続ができなくなります。

マイコマイコ

Free Wi-Fiには、接続の回数や時間を制限しているところが多くあり、コンビニのWi-Fiサービスも同様です。登録が済んで、接続できていたのに、突然繋がらなくなった場合は、回数や時間オーバーの可能性があります。

Wi-FiをいったんOFFにしてみる

利用限度も超えていないのにWi-Fiに接続できない場合、Wi-FiをいったんOFFにし、再度ONにすることで、トラブルが解消されることがあります。

次の方法でWi-FiをいったんOFFにし、再度ONにしてみましょう。

【iPhoneの場合】

①iPhoneの画面を下から上にスワイプする

②表示されるコントロールセンターで、Wi-Fiをタップし、いったんOFFにする

③再度Wi-FiをタップしてONにする

または、

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをいったんオフにします

③再度タップしてWi-Fiをオンにします。

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをいったんオフにします

③再度タップして、Wi-Fiをオンにします

※Android端末は機種によって設定方法が多少違ってきます。

マイコマイコ

制限にひっかかっていないのに、接続できない場合は、Wi-Fiをいったんオフにしたり、スマホを再起動することでトラブルが解消することがあります。Wi-Fiトラブルだけでなく、他の誤作動も、スマホも再起動することでメモリがリセットされ修復される可能性があります。

スマホを再起動する

Wi-FiがオンになっているのにスマホがコンビニのWi-Fiにつながらない場合、スマホを再起動することでなおることがあります。

パソコンもそうですが、再起動することでリセットされ、トラブルが解決する可能性があります。

再接続してみる

マイコマイコ

登録されたネットワーク情報にトラブルが起こった場合、一旦その情報を削除することで、スムーズに接続が可能になることもあります。


もし、コンビニのネットワーク情報がすでに登録された状態の場合、その登録をいったん削除して、再度接続してみましょう。

【iPhoneの場合のネットワーク削除方法】

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

③「このネットワーク設定を削除」をタップします。

④確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

【Androidの場合のネットワーク削除方法】

①「アプリ一覧」面で、「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップします。

③表示されたWi-Fiアクセスポイントの一覧で「設定」のアイコンをタップし「保存済みネットワーク」をタップします。

④削除する「コンビニのSSID」をタップします。

⑤「削除」をタップします。

ネットワーク情報が削除できたら、再度コンビニのSSIDを選択して再接続してみます。

混み合っている場合も

マイコマイコ

コンビニのWi-Fi機能は、大人数の利用に対応した機器を設置していない可能性があります。予定以上の人数が同時に利用すると、混み合って接続ができなくなることもあります。その場合は、時間をおいてから利用するといった方法しかありません。

コンビニのFree Wi-Fiは接続できていても混み合っていて、サイトにアクセスできないこともあります。

そんな場合は、時間を空けてアクセスしてみるか、他のWi-Fiサービスを利用することも考えましょう。

コンビニの Wi-Fiは注意も必要

コンビニのFree Wi-Fiは、最初の表でもご紹介したとおり、セキュリティ保護がされていません。

個人情報の入力が必要なネットショッピングなどの利用も避けるようにしましょう。

マイコマイコ

コンビニのWi-Fiはセキュリティ保護がされていないので、不正アクセスなどの危険にさらされていることを頭に入れ、個人情報を入力するようなサイトの利用や仕事上のデータのやり取り、長時間の利用などは避けるようにしましょう。

スポンサードリンク




 

まとめ

コンビニのWi-Fi接続サービスは、スマホのデータ容量を節約したい人には、とてもありがたいサービスです。

ただ、コンビニのWi-Fiは、セキュリティ保護がないため、不正アクセスなどの危険にさらされていることにも注意が必要。

個人情報などの取り扱いには十分注意して利用するようにしましょう。

 

 

パソコンインストラクターが教える快適ネット診断


マイコマイコ

貴方の今のインターネット環境はいかがでしょうか?
推奨されるべきネット環境を簡単に回答可能な質問に答えるだけで判断できます。興味がある方は一度お試しください。



①固定回線のプロバイダーの変更


マイコマイコ

私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。
規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。


ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。
ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか?
最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。
また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。
フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。


>>フレッツ光・光コラボの詳細はこちら

②ポケットWifi・Wimaxの利用


マイコマイコ

ネットの利用頻度が高く、しかも外でネットを使う方におススメなのが、ポケットWifiです。


ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。
ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。まとまった作業が発生するときも安心です。
ただ、ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。
詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。
>>縛り無しWifiのことをまとめた記事はこちら