海外旅行や海外出張に行く方をいつも悩ます。ネット環境問題。

スマホのデータローミングは高い。イモトのWifiに代表されるいわゆる海外Wifiは手続きがめんどくさい。

そんなアンメットニーズを満たす、全世界で使えるポケットWifiサービスが出てきました。その中でも代表格がどんなときもWifiです。

全世界で定額料金で使えるというのが売りのこの「どんなときもWifi」ですが、実際は海外に行ったときは特別に料金が発生します。じゃあ実際にイモトのWifiやスマホのローミングと比較して、お得なのか。調べてみました。

 

マイコマイコ

昨今、グローバル化が進み、海外でWifiを利用する人が増えてきました。

そんな中登場してきた国内外で利用可能なWifi「どんなときもWifi」その特徴を他のサービスと比較しました。

 

結論:どんなときもWifiはこんな人におススメ

全世界で使えるどんなときもWifiですが、結論から言うとこんな人におススメです。

  • 頻繁に海外出張や旅行に行く人
  • 普段からポケットWifiを使いたい環境にある
  • 海外でもデータ通信容量を気にせずにネットをしたい人
  • スマホ以外の端末(例えば、パソコンやタブレット)を使用したい人
  • 自宅用のネット回線も兼ねたい

ビジネスで海外によく行く方は該当する人が多いかもしれません。

 

>>どんなときもWiFiを先に見に行く

 

逆にこういう人はどんなときもWifiは適しません。

たまにしか海外に行かない方

  • 頻度が少ないのであれば、都度イモトのWifiか、スマホのデータローミングで十分と考えます。
  • 普段からポケットWifiを使いたい人は他のメーカーの方が早くて価格も安いです。

 

>>当サイトおススメのポケットWifiの比較はこちら

 

海外でそこまで通信容量を使わない

スマホ以外の端末を使わない

  • スマホのデータローミングサービスで十分です。また、面倒でなければイモトのWifiを都度レンタルすればよいでしょう。

 

>>イモトのWifiの公式サイトはこちら

 

では、料金プランやサービス内容について詳細を見ていきましょう。

 

海外利用時のどんなときもWifi・イモトのWifi・データローミングの比較

それぞれの料金プランやサービス内容を以下の表にまとめました。

どんなときもWifi イモトのWifi ドコモ au ソフトバンク
データ制限あり 980円~1880円(1GB/日) 980円(日本の残データ使用)
980円~1580円(30MB/日)
980円(日本の残データ使用)
データ制限なし 1,280円~1,880円 (1,880円~2,180円)
2019年4月26日で終了
2,980円(24.4MBまでなら1,980円) 2,980円(24.4MBまでなら1,980円) 2,980円(25MBまでなら利用量に応じて、0~1,980円)

冒頭申し上げた通り、どんなときもWifiも海外使用時は料金が発生します。

ただ、使用量は無制限であり、金額も1,280円~1,880円と安いです。あとで詳しく紹介しますが、欧米などの先進国では1,280円、その他は1,880円という感じになっています。

この価格はドコモ、au、ソフトバンクが提供しているデータローミングサービスよりもかなり安いです。一時期イモトのWifiもデータ制限なしプランを提供していましたが、その価格よりもかなり安いです。

データ残量が気になる場合は、毎回レンタルし返還する手間が煩わしくなければ、イモトのWifiがベストです。イモトのWifiの場合、3GBプランが980円~1280円、4GBプランが1580円になります。

少しメールを打つだけでほとんどネットを使用しないという人はドコモやauが提供しているデータローミングプランで十分でしょう。ただし、データ制限ありのプランは事前に申し込み手続きが必要なのでご注意ください。

 

マイコマイコ

海外に行く人でもそこまでネットを使わない人なら、データローミングやイモトのWifiですましちゃうのも手ですね。

 

どんなときもWifiの料金詳細

こちらに記載している通りです。

  • アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米:1,280円/日
  • 中東・南米・アフリカ:1,880円/日

殆どの方が、1,280円の方に該当するのではないでしょうか?

データ使用制限はありません。なお、貸与されるポケットWifi(U2s)の通信速度は150M/sなので、快適にネットを楽しめるのではないかと思います。

 

イモトのWifi 料金詳細

3Gプランと4Gプランがあります。いずれも1日1GB制限があります。

3GBプラン

  • 台湾・中国・香港・マレーシア:980円/日
  • アメリカ、オーストラリア、カナダ、カンボジア、マカオ:1,280円
  • ロシア:1,580円

4GBプラン

  • 韓国・タイ・台湾・中国・香港・マレーシア:1,580円/日
  • アメリカ、オーストラリア、カナダ、カンボジア、マカオ、カンボジア、ロシア:1,880円

3Gプランは一昔前のサービスですので、正直速度面は不満が多いのではと思います。4Gなら快適に動きます。

 

データローミングサービス

ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているデータローミングサービスの詳細はこちらです。

ドコモ

海外オプション 海外パケ・ホーダイ 海外1dayパケ
料金 980円 980/1,280/1,580円*1 2,980円*2
データ量 日本のデータ残量 30MBまで 無制限
利用可能時間 24時間 24時間 1日*3
対応か国 205か国 205か国 205か国
申し込み手続き 必要 必要 不要

*1:国によって異なります。

*2: 1.2MBまでは0~1,980円、25MBまでは1,980円(詳細は下記参照(出典:ドコモHP))

*3:1日の換算は日本時間0:00~23:59です。

 

au

世界データ定額 海外ダブル定額
料金 980円 2,980円*1
データ量 日本のデータ残量 無制限
利用可能時間 24時間 1日*2
対応か国 32か国 163か国
事前申し込み 必要 不要

*1 : 24.4MBまで1,980円、それ以上は2,980円

*2:1日の換算は日本時間0:00~23:59です。

ソフトバンク

海外パケットし放題
料金 2,980円*1
データ量 無制限
利用可能時間 1日*2
対応か国 不明
事前申し込み 不要

*1: 出典:ソフトバンクHP

*2:1日の換算は日本時間0:00~23:59です。

 

マイコマイコ

データローミングは便利なのですが、日本時間が基準となるので、使い始めたらすぐ日をまたいで2日分の請求が来たということにならないよう注意してください。

 

国内で使用するポケットWifiとしての比較

どんなときもWifiの海外での使用について比較してきましたが、国内での使用についてはどうでしょうか?

こちらも料金面とサービスを比較してみました。

比較対象は

  • どこへでもWifi
  • 縛りなしWifi:当サイトで進めている2年縛りがない格安ポケットwifi
  • UQWimax:シェアNo.1のポケットWifi

にしたいと思います。

どんなときもWifi 縛りなしWifi UQWimax
料金 月額3,280円
3年目以降は3,980円
月額3,300円
2年目以降 2,800円
1~3ヶ月:3,696円、4ヶ月目以降 4,380円
端末*1 U2s (150Mbps) Wi-Fi NEXT4 W04 (440Mbps)
Wi-Fi NEXT WX05(440Mbps)
Pocket WiFI 502HW (187.5Mbps), Pocket WiFI 603HW (612 Mbps)
Wi-Fi Next (1.2Gbps)
容量制限 無制限 3日 10GB 3日 10GB
縛り 2年 無し 3年
解約手数料 1~12ヶ月 19,000
13~24ヶ月 14,000円
26ヶ月以降 9,500円
更新月(25ヶ月目)無料
無し 1~12ヶ月 19,000円
13~24ヶ月 14,000円
25ヶ月以降 9,500円
更新月(37ヶ月)は無料
破損時の修理費用 18,000円
安心サポートプラン加入(400円/月)時は無料
39,800円
安心サポートプラン加入(500円/月)時は10,000円
修理費用による
端末安心保障(500円/月) *1

 

料金面では、縛りなしWifiが一番安いですが、どんな時も最大手のUQ wimaxと比較するとかなり安いです。

また、端末の最大下り速度がどんなときもWifiは他のと比べて低いですが、5Mbpsもあれば動画もサクサク見れますし、正直あまり気にしなくていいでしょう。また、あくまで「最大」なので、実際の速度はそこまで変わりありません。(街中で通信速度を測定すると大体20~30Mbps程度であることが多いです。)

どんなときもWifiは容量無制限なので、自宅用のネット回線とも併用してもいいかと思います。

どんなときもWifiはポケットWifiの宿命との言うべき2年縛りがついてますが、破損時の修理費用は縛りなしWifiと比較するとかなり低く抑えられています。

 

マイコマイコ

国内限定で使用しても、容量無制限のポケットWifiは珍しいので、見かけ上の速度さえ気にしなければ、家庭用との併用でどんなときもWifiを利用するのも人の手かと思います。

 

>>どんなときもWiFiの公式サイトはこちら

 

世界各国で使えるWifi 端末 U2s

どんなときもWifiに申し込むとこのU2sが無料で貸与されます。

下り最大:150Mbps, 上り最大50Mbpsと十分なスペックを持っていますし、何よりこれ一台で全世界+家庭用のネット回線まで賄えるのは魅力的です。

 

どんなときもWifiの口コミ

どんなときもWifiを使用した方の口コミを紹介します。

口コミ1.30代男性

 

年に1か月くらいは海外出張で日本を離れています。海外出張の時は会社から海外用Wifiを貸与されていましたが、ネットのヘビーユーザーなのでどうしても通信量が足りず、データローミングをすることもしばしばでした。

そんな中で出てきたどんなときもWifiは通信量無制限ですし、また価格も海外用Wifiとさほど差はないため、今ではこちらの方を使用しています。

 

口コミ2.40代男性

 

海外旅行が好きで、年に3回くらいは1週間程度旅行に行っています。

向こうでネットをするならデータローミングでもいいかと思っていましたが、ちょうど国内でネットするときにもポケットWifiが欲しいと思っていたので、使用することにしました。

通信速度もそこまで気にならず、今では快適なネット生活をエンジョイしています。

 

口コミ3.20代女性

 

1人暮らしをしているため、家庭用もかねたポケットWifiを欲しくて色々見ていたのですが、どれも通信制限があり、「超」ネットヘビーユーザーの私にはかなり不安がありました。

どんなときもWifiだと通信量無制限で家庭、通勤時といろんな場面で使用できて便利です。

この前友達と旅行した時もすごく重宝がられていました。

 

 

まとめ

以上、海外用WifiやポケットWifiとの比較を行いましたが、結論としてどんなときもWifiを使うべき人

頻繁に海外出張や旅行に行く人でPCやスマホを頻繁に利用する人

が対象になると思います。

 

>>どんなときもWiFiの公式サイトはこちら

 

逆にそこまで海外出張に行かない人であれば、データローミングやイモトのWifiで十分です。

且つ頻繁にPCやスマホを利用する人には当サイトでは縛りのないポケットWifiをお勧めしています。

 

>>当サイトおススメのポケットWifi比較はこちら