無線LANルーターを使っていても、速度が出ない、安定しないといった環境の悪さの原因のひとつに電波干渉があります。

では、電波干渉を解消するにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は、電波干渉の対策について調べてみました。

マイコマイコ

Wi-Fiが安定しない・速度が出ない原因が電波干渉にある場合、どのような対策があるのでしょうか?素人でも簡単に電波干渉は解消できるのでしょうか?今回は、電波干渉の解消方法についてご説明しましょう。

電波干渉って何?

マイコマイコ

電波干渉とは、複数の電波がケンカしあって電波が不安定になる状態をいいます。無線LANがお互いに帯域を奪いあうパターンと、家電などの電波が無線LANシステムに影響を与えるパターンがあります。

電波干渉の対策についてご説明する前に、電波干渉とは何なのかを確認しておきましょう。

電波には、複数の電波がぶつかり合うと、電波同士がケンカをするという特性があります。

電波同士がケンカすると、電波が不安定になり、通信が不安定になります。これを電波干渉といいます。

電波干渉とは、同じ周波数の中にたくさんの無線の電波が入り込んで、それぞれがぶつかり合うことで速度の低下を引き起こすことをいい、具体的には次の2つのパターンが考えられます。

1. 同じ周波数上に複数の無線LANが入り込み帯域を奪い合う

2. 家電などによる電波が無線LANシステムに影響を与える

画像参照:NTT docomo

 

スポンサードリンク




 

家庭内の電波干渉の原因は?

マイコマイコ

私たちが感じるWi-Fiの不安定さは、家の中の電波干渉が原因です。電波干渉を起こす機器は、監視カメラといった特殊なものだけでなく、電子レンジやコードレス電話機も電波干渉の原因となります

屋外だけでなく、家の中のWi-Fiでも電波干渉が起きる可能性があります。

実際に、家の中で電波干渉を起こす家電には、次のようなものがあります。

・コードレス電話機/FAX機

・電子レンジ(加熱調理中のみ)

・レーザー式無線マウス

・Bluetoothヘッドフォン

・無線機能を持ったスピーカシステム

・無線監視カメラ、または無線WEBカメラ

電波干渉はどういう仕組みで発生する?

マイコマイコ

電波同士のケンカというと、違う波長が競いあうイメージがありますが、電波干渉は近い距離で類似波長を使用することで発生します。

では、電波干渉はどんな仕組みで発生するのでしょうか?

電波同士は、類似の波長の波が重なってしまうと、強めあったり、打ち消し合ったりしてしまいます。

近い距離で同じチャンネル(類似波長)の電波を使用すると、お互い影響しあってしまう。

これが電波干渉の仕組みです。

画像参照:GiXO

電波干渉の対策方法は?

では、電波干渉が発生している時、どのような対処方法があるでしょうか。

電波干渉している機器の電源をOFFにする

使用している家電が電波干渉の原因の場合、可能であればその家電の電源を切ってWi-Fiが安定するか確認しましょう。

マイコマイコ

家の中で電波干渉が発生している場合、まず簡単にできる対処方法は、電波干渉を起こしている機器の電源を切ることです。それが難しい場合は、無線LANルーターの位置を変更するだけでも、電波干渉が解消する可能性があります。

無線LANルーターの設置場所を変更する

家電の電源を切れない場合は、家電もしくは無線LANルーターの設置場所を変更してみましょう。

パソコンなどの端末と無線LANルーターを見通しのよい場所に設置することで、今までよりずっと電波が届くようになり、電波環境が改善され、速度が回復する可能性があります。

 

スポンサードリンク




 

チャンネルを変更する

マイコマイコ

無線通信では、複数の端末が同時に通信が可能になるよう周波数帯域を13ほどに分割しています。この分割した帯域のことをチャンネルといいます。チャンネルを変更することは、電波干渉の解消に有効な方法です。

無線LANルーターとパソコンなどの端末間は、基本的に1~13のいずれかの無線チャンネルで接続しています。

電波干渉が発生している場合、競合しそうな無線機器が使用している無線チャンネルとは別の無線チャンネルを無線LANルーター親機に設定することで、電波干渉が改善される可能性があります。

具体的なチャンネルの変更方法についてはこちらをご参照ください

ネットが遅い!を一気に解決?無線チャンネルを変更する方法とは

5GHz帯のルーターを使用する

マイコマイコ

無線LANルーターの箱に、11n、11gや2.4GHz、5GHzといった文字が並んでいるのを見たことありませんか?これはそれぞれ無線の規格や周波数帯です。2.4GHz(11n/11g/11b)は、他の機器の影響(電波干渉)を受けやすく、不安定な一方、遠くまで電波が届くという長所もあります。

無線の規格には、下記の種類があって、それぞれ長所と短所があります。

2.4GHz帯の周波数は、電子レンジやコードレス電話などにも利用されているため、電波同士の干渉が起きてWi-Fiの電波が弱くなることがあります。

5GHz帯を利用することで、電波干渉が少なくなり、Wi-Fi環境も安定します。

周波数帯 2.4GHz帯 5GHz帯
無線規格 11n/11g/11b 11ac/11n/11a
長所 ・5GHzよりも電波が遠くまで届く ・他の無線との干渉が少ないため、通信が安定している
短所 ・同じ周波数帯の機器(無線ルーター、電子レンジ、Bluetooth、電話機など)が多く存在するため、電波干渉しやすく、通信が不安定になりやすい ・壁や天井などの障害物に弱い
・通信距離が長くなると電波が弱くなる

画像参照:Logitec

ルーターを新しくする

画像参照:Amazon

マイコマイコ

壊れていないのにルーターを買い換えるのは抵抗があるかもしれません。ただ、古いルーターは5GHz帯に対応していないだけでなく、セキュリティ面でも脆弱な可能性があります。古いルーターをお使いの場合は、より安全で安定したWi-Fi環境のために、ルーターの買い替えがベストかもしれません。

チャンネルを変更したくても、古い規格の無線LANルーターは、5GHz帯に対応していません。

高速インターネット回線をひいても、無線LANルーターの性能が低いと、その速度が活かせず、接続が不安定になる可能性もあります。

速度面の具体的な例を挙げると、無線LANルーターの現在の規格は「11ac」で、以前の古い規格「11n」と比べると最大11倍の速度が出ます。また、接続可能な端末の台数も増えていますから、古いルーターを使っている場合は、ルーターを買い替えることを検討してみてはいかがでしょう。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

マイコマイコ

電波干渉の解消に、チャンネル変更は有効な方法です。設定画面を開いての操作になるため、慣れていないと戸惑ってしまうかもしれません。ただ、本サイトの別の記事では具体的な作業手順をご紹介していますし、メーカーのHPでは手順の動画を掲載しているところもあります。電波干渉の可能性がある場合は、チャンネル変更にチャンレンジしてみてはいかがでしょう。

電波干渉が原因でネット接続が安定しない場合、電波干渉の原因となっている家電や無線LANをルーターの場所を移動することができれば、まずはその方法を試してみるといいでしょう。

ただ、電子レンジなどの家電はそうそう移動できませんし、無線LANをルーターもモデムとの位置関係で移動するのは難しいかもしれません。

そんな場合、有効な方法はチャンネルの変更です。なれない方は難しそう…と思ってしまうかもしれませんが、設定画面が表示できれば、あとの操作はそれほど難しくありません。

また、5GHz帯に対応していない古い無線LANルーターをお使いの場合は、多少費用はかかりますが、快適なネット環境を手に入れるために、買い替えを検討してみてもよいのではないでしょうか。

 

パソコンインストラクターが教える快適ネット診断


マイコマイコ

貴方の今のインターネット環境はいかがでしょうか?
推奨されるべきネット環境を簡単に回答可能な質問に答えるだけで判断できます。興味がある方は一度お試しください。



①固定回線のプロバイダーの変更


マイコマイコ

私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。
規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。


ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。
ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか?
最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。
また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。
フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。


>>フレッツ光・光コラボの詳細はこちら

②ポケットWifi・Wimaxの利用


マイコマイコ

ネットの利用頻度が高く、しかも外でネットを使う方におススメなのが、ポケットWifiです。


ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。
ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。まとまった作業が発生するときも安心です。
ただ、ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。
詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。
>>縛り無しWifiのことをまとめた記事はこちら