無線LANルーターを使ってネット接続をしている際、無線LANルーターのチャンネル変更をすると、速度が改善される、という情報聞いたことありませんか?

確かに、無線LANルーターのメーカーのHPなどでも、接続が不安定だったり速度が遅い場合の対処方法として、チャンネル変更を推奨しています。

では、実際にチャンネルを変更すると、どの程度効果があるのでしょうか。

今回は、チャンネル変更の効果について調べてみました。

マイコマイコ

無線LANルーターのチャンネル変更は、通信速度の改善にどの程度効果があるのでしょうか?今回は、実際にチャンネル変更をし、その結果から効果のほどを確認してみました。

無線のチャンネルって何?

チャンネルを変更する方法をご紹介する前に、無線LANルーターの「チャンネル」について少しご説明しましょう。

 

スポンサードリンク




 

無線LANルーターの周波数や規格とは?

マイコマイコ

無線LANルーターの箱に、11n、11gといった文字が並んでいるのを見たことありませんか?これが無線の規格です。それぞれ特徴があって、パスワードは正しいのに、接続できない場合、速度が出ない場合、規格を変更することで解決できる可能性があります。

無線LANルーター(親機)が使用する周波数帯には、2.4GHz帯と5GHz帯の2種類があり、それぞれ長所と短所があります。

2.4GHz帯の周波数は、電子レンジやコードレス電話などにも利用されているため、電波同士の干渉が起きてWi-Fiの電波が弱くなることがあります。

周波数帯 2.4GHz帯 5GHz帯
無線規格 11n/11g/11b 11ac/11n/11a
長所 ・5GHzよりも電波が遠くまで届く ・他の無線との干渉が少ないため、通信が安定している
短所 ・同じ周波数帯の機器(無線ルーター、電子レンジ、Bluetooth、電話機など)が多く存在するため、電波干渉しやすく、通信が不安定になりやすい ・壁や天井などの障害物に弱い
・通信距離が長くなると電波が弱くなる

チャンネルとは?

マイコマイコ

無線通信では、複数の端末が同時に通信が可能になるよう周波数帯域を13ほどに分割しています。この分割した帯域のことをチャンネルといいます。

では、無線LANルーターの外箱にはほとんど記載がない「チャンネル」とは何なのでしょうか?

無線で通信する場合、複数の機器が同時に通信できるように利用する周波数の帯域を分割していて、その分割した周波数帯域をチャンネルと呼びます。

無線LANルーターを使う場合、ある他の機器とチャンネルを分ければ混信を防ぐことができます。

例えば、自宅の無線LANルーターのチャンネルが「1」に設定している場合、隣の家でも同じ1チャンネルを使っていると、電波干渉が起こってつながりにくくなったり、通信速度が低下するという状態が発生することがあります。

そんな場合、自宅の無線LANルーターのチャンネルを「1」から他のチャンネルに変更することで接続環境の改善が期待できます。

【参考:2.4Ghz帯のチャンネル一覧】(ELECOM)

画像参照:ELECOM

チャンネルを変更する方法

マイコマイコ

実際にチャンネルを変更する方法は、下記の記事でご紹介しています。それぞれのメーカーで手順が少し異なりますので、ご確認ください。

チャンネルを変更する方法は以下の記事をご参照ください。

ネットが遅い!を一気に解決?無線チャンネルを変更する方法とは

チャンネルの混雑状態を調べる

マイコマイコ

無線LANルーターには、AOSS接続を実行すると自動的に未使用の無線チャンネルが選択されたり、起動時に自動的に電波干渉の受けにくいチャネルを選択する機能が搭載されています。
ただ、手動でチャンネルを変更する場合は、どのチャンネルがどの混雑しているのか把握し、最適なチャンネルを自分で選ぶ必要があります。下記のアプリを使うとチャンネルの使用状況をビジュアルで確認することができ、チャンネル選択に役立ちます。

チャンネルを変更するといっても、実際にどのチャンネルがどの程度混雑しているのか知らないと、なんチャンネルを選んでいいのかわかりませんよね。

実は、チャンネル使用状況をビジュアルに確認できるアプリがあります。

Wifi Analyzer(Android版)

画像参照:Google Play

インストールはこちら→Wifi Analyzer(Google Play)

Wifi Analyzer(Windows版)

マイコマイコ

Windows版もあり、パソコンで利用可能です。

画像参照:マイクロソフトストアアプリ

インストールはこちら→Wifi Analyzer(マイクロソフトストア)

チャンネル変更前と変更後の状況を確認

マイコマイコ

実際に私の自宅で、チャンネル変更をした結果、チャンネルの使用状況は次のように変化しました。

チャンネル変更前と変更後のWi-Fiの状況を上記のWifi Analyzer(Windows版)を使ってパソコンで確認した結果が次の画像です。

【チャンネル変更前】

筆者の自宅のWi-Fiはチャンネル「1」に設定されていました。

他のWi-Fi  4つほどと重なり合っているのがわかります。

【チャンネル変更後】

チャンネルを「9」に変更したあとの結果です。

 

スポンサードリンク




 

チャンネル変更は効果あり!

マイコマイコ

チャンネル変更後の速度を3種類のスピードテストアプリで測定したところ、どのアプリでも下りの速度が改善されているという結果になりました。参考値ではりますが、チャンネル変更の効果が見られたようです。

チャンネル変更の効果を確認するため、チャンネル変更前とチャンネル変更後の速度をスピードテストアプリで測定してみました。

その結果をみると、スピートテストアプリによって、結果に差はあるものの、すべての測定結果で下りの速度が改善されているのがわかります。

SPEEDCHEKの結果

(以下の結果は、すべて左がチャンネル変更前、右がチャンネル変更後です。)

ダウンロード 6.64Mbps→11.10Mbps

アップロード 23.45Mbps→28.83Mbps

SPEEDTESTの結果

ダウンロード 16.3Mbps→38.1Mbps

アップロード 32.0Mbps→30.8Mbps

RBB SPPED TESTの結果

ダウンロード 37.36Mbps→40.51Mbps

アップロード 36.11Mbps→40.86Mbps

まとめ

利用しているWi-Fiがどのチャンネルを使っているのか、普段はあまり意識しませんよね。

でも、上記でご紹介したアプリで調べると、チャンネルの混雑具合をひと目で確認することができ、チャンネルを変えることで速度が改善されることもわかりました。

サンプル数が少ないため、どの程度改善するかなど具体的な結果を出すことはできませんが、無線LANルーターのメーカーでも、ネット接続が不安定な場合、速度が出ない場合にチャンネル変更を推奨していますから、速度が出ないと困っている方は一度試してみてはいかがでしょう。

また、最近の無線LANのルーターの中には、自動的に混雑していないチャンネルを選択できるものもある。自分でチャンネル変更をするのが不安な方は、そのようなルーターに変更するのもひとつの方法かもしれません。

マイコマイコ

我が家の無線LANルーターも、最適なチャンネルを自動で選択してくれているはず…と安心して使っていましたが、今回の結果をみると、そうとは言い切れないのが分かりました。実際にチャンネルを変更するかどうかは別にして、一度、アプリを使ってチャンネルの使用状況を調べてみてもいいかもしれません。

スポンサードリンク