スピードテストアプリで計測をした際、下りだけ極端に速度が遅いという経験ありませんか?

下りだけ遅いというのはどういうことなのでしょうか?その原因は何なのでしょうか?

今回は、スピードテストで下りが遅い原因と対処方法について考えてみました。

マイコマイコ

上りと下りで同じ回線を使っているのですから、速度もほぼ同じと考えるのが普通ですよね。でも、実際には下りだけ極端に遅いという状態が発生することがあります。それはどういうことなのでしょうか?原因はどこにあるのでしょうか?
今回はスピードテストで下りだけ遅い原因を調べてみました。

下り(ダウンロード)が遅いとどうなるの?

下りの速度が遅いとどのような困りゴトが発生するのでしょうか?

上りと下りって何?

下りが遅いとどうなるか確認する前に、スピードテストで表示される項目、アップロード(上り)とダウンロード(下り)とは一体何をさすのかご説明しておきましょう。

上りは、手元の端末(パソコンやスマホ)からネットワーク上にデータを送信する速度、下りは、ネットワーク上から手元の端末(パソコンやスマホ)にデータを受信する速度のことをさしています。

マイコマイコ

「動画や音楽をダウンロードする」と言った具合に、ダウンロードという言葉はよく使われるので、イメージがわきやすいかもしれません。一方、アップロードは、You Tubeへの動画の投稿やSNSへの写真の投稿など、メール送信もアップロードに入ります。
HPがなかなか表示されない、動画がカクカクして動きが変…など、多くの場合、下りの速度が遅い時、私達は「ネットが遅い」と感じます。

ネットが遅いと感じるのは「下り」の遅さ

アップロードとダウンロードの具体的な例を挙げると次のようになります。

アップロード(上り) データのアップロード

(YouTubeへの動画の投稿、SNSへの写真の投稿など)

メールの送信

など

ダウンロード(下り) インターネットの閲覧

YouTubeの視聴

アプリやファイルなどのダウンロード

下りの速度が遅いとインターネットがサクサク動かない、動画がきちんと表示されないといった不具合が生じます。そのため、私たちが「ネットが遅い」と感じるのは、多くの場合ダウンロード(下り)の速度が遅いときだと考えられます。

【参考】通信速度とは?

通信速度とは、1秒間にどれだけのデータを送受信できるかを表したものです。

インターネット接続のスピードで使われることが多い言葉ですが、パソコンからプリンターへ印刷データを送る速度やLANで接続したコンピュータ同士のデータ交換の速度も通信速度といいます。

マイコマイコ

車の速度は時速何キロ、1時間に何キロ走るかを表しますが、通信速度は1秒間にどのくらいのデータを送受信できるかを示しています。

スポンサードリンク




 

速度の単位は?

マイコマイコ

Mbpsは、Mega bit per second(メガ・ビット・パー・セコンド)の略です。メガビットはデータの容量で、パーセコンドは1秒間に…という意味になります。

スピードテストのアプリで速度を計測すると、その結果は、36.50Mbpsとか36.52Mb/sと表示されます。

このMbpsまたはMb/sが通信速度の単位です。

Mbps(エムビーピーエス)は、Mega bits per second(メガビットパーセコンド)の頭文字を取ったもので、「1秒ごとに何メガビットのデータを送信できるか」を意味しています。メガは100万なので、通信速度が1Mbspの場合、1秒間に100万ビットのデータを送信もしくは受信できることを表しているのです。

つまり、スピートテストで表示された数値は、大きければ大きいほど通信速度が速い、多くの量のデータを運んでくれることになります。

インターネット接続の仕組みは?

下りの速度が遅い原因を確認する前に、インターネット接続の仕組みを簡単にご説明しましょう。

私達がパソコンやスマホでインターネットサービスを利用する場合、NTTなどの回線に加え、プロバイダと呼ばれる接続業者も利用しています。プロバイダは、回線を通じてインターネットに接続する役割を担っています。

回線業者の種類

マイコマイコ

NTTやauは回線業者で、プロバイダではありません。また、J-comなどCATVや電力系の会社の場合は、回線業者が回線とプロバイダを兼ねているため、プロバイダとの契約は必要ありません。

回線業者は、インターネットの回線を提供している会社です

回線業者 サービス内容
NTT東日本、NTT西日本 フレッツ光など

光コラボレーション(ドコモ光、Softbank光など)

KDDI auひかり
So-net NURO光
電力会社 eoひかり、コミュファ光、Pikara、BBIQなど
ケーブルテレビ会社 JCOM
モバイルルーター系の会社 UQ WiMAX、Y!モバイルなど

プロバイダの種類

現在、日本にはAsahiNetやOCN、BIGLOBE、So-net、@nifty、Plalaなど数多くのプロバイダが存在しています。

それぞれの回線業者やサービスのHPを確認すると、対応プロバイダを検索することもできますし、Softbank光のように、サービス内容によってはプロバイダが限定されることもあります。

フレッツ 光ネクスト 対応プロバイダ

マイコマイコ

回線業者とプロバイダの区別はわかりにくいため、特に高齢の方の場合、自分がどこのプロバイダと契約しているかご存知ない方も少なからずいらっしゃいます。契約時の書類や請求書のほか、パソコンのメールアドレスでも、プロバイダがどこか確認することができます。
例えば、
プロバイダがOCNの場合、メールアドレスは「●●●@☓☓☓.ocn.ne.jp」
so-netの場合は「●●●@☓☓☓.so-ne.ne.jp」
とプロバイダの名称が@の後ろに入ります。

スポンサードリンク




 

下りが遅い原因は?

では、下りの速度だけが遅い原因はどこにあるのでしょうか。

下りだけ遅い原因はプロバイダにある?

上りは問題がなく、下りの速度だけが遅い場合、原因がプロバイダにある可能性があります。それを確認するには、実際に使用している速度の他、回線業者の速度も確認する必要があります。

マイコマイコ

下記の方法で速度を調べることで、速度が遅い原因がプロバイダにあるのか原因を絞り込むことができます。

利用時の速度を確認

インターネット利用時の速度は、スマホのアプリの他、パソコンの場合は下記のサイトで調べることができます。

BNRスピードテスト 公式サイト

回線業者の速度も調べる

NTTのフレッツの情報サイトでは、自宅からプロバイダまでの回線の通信速度を確認することができます。

NTT東日本サービス情報サイト(→速度の確認をクリック)

NTT西日本通信速度の改善ポイント(→画面下の「速度測定サイト」へ)

プロバイダが原因の場合

「BNRスピードテスト」と「フレッツ情報サイト速度測定」の速度計測結果に大きな差がある場合は、プロバイダが原因で速度が遅いと考えることができます。

夜など混雑する時間帯は、その差がある程度広がるのは仕方がないですが、時間に関係なく速度差が30Mbps以上ある場合は、プロバイダの能力に問題があると言えるでしょう。

マイコマイコ

自宅からプロバイダまでの速度は速いのに、実際のネット使用時の速度が遅い場合、特にその速度差が30Mbps以上ある場合は、プロバイダに問題があることが考えられます。プロバイダを変えることも1つの方法ですが、その前に、次のことを確認してみましょう。

IPv6接続に切り替える

従来使われてきたPPPoEネットワーク方式は、利用者の増加とともに混雑し、特に夜間の速度低下の原因のひとつと言われています。

そんな状態を踏まえ、近年、地域や時間帯の影響が少なく、混雑する夜の時間帯でも快適にインターネットを利用でき世代ネットワーク方式「IPoE」を利用するプロバイダが増えてきました。そのようなプロバイダでは、「IPv6オプション」と対応機器を利用することでPPPoE方式を使わず、IPoE方式(IPv6接続)で接続することが可能です。

プロバイダに確認し、IPv6接続が可能か確認をし、可能であれば切り替えをしましょう。(場合によっては有料で機器の変更が必要になる場合があります。)

画像参照:BIGLOBE

マイコマイコ

「PPPoE(PPP over Ethernet)」方式とは、「利用者のパソコン」(ポイント)と「プロバイダのパソコン」(ポイント)の2点間を接続してデータ通信を行う通信プロコトルのことです。
一方、「IPoE(IP over Ethernet)」は、企業内のLANと同じやり方で直接インターネットに接続する方式で、PPPoEのように専用の通信機器を必要としないため、接続事業者を通してシンプルにインターネットに接続できるというメリットがあります。

プロバイダを変更する

上記でご説明したIPv6接続を導入していないプロバイダと契約している場合、プロバイダを変更することで夜の通信速度が回復する可能性があります。

また、バックボーンもプロバイダを選ぶときの大きなポイントです。

バックボーンとは、プロバイダの基幹回線となっている部分のことを言い、それが太い(大きい)ほど通信の渋滞がおこりにくく安定します。

全国にインターネット事業を展開している大手のプロバイダは自らバックボーンを保有していますから、そのようなプロバイダに乗り換えることで通信速度安定に繋がります。

マイコマイコ

プロバイダを選ぶ時、料金は調べても、接続方式やバックボーンまで確認する方は多くないと思います。ただ、使い始めてからプロバイダの能力に問題があると分かったら、プロバイダを変更することも検討してみてはいかがでしょう?メールアドレスを変更したくない場合、多くのプロバイダでは、多少料金を払うことで同じメールアドレスを使い続けられるオプションサービスを提供しています。

まとめ

Webサイトの閲覧や検索やYouTubeなど動画の視聴など、私達はインターネット上からデータをダウンロードして利用しているケースがほとんどです。

時には、写真をアップロードするなど、「上り」を利用することはあっても、普段、「ネットが遅い」「速度が遅い」と感じるのは、ほとんどの場合「下り」といっていいでしょう。

この速度は、NTTなどの回線ではなく、プロバイダの混雑などに影響されると言われています。

下りがやけに遅いと感じている場合は、スピードテストを回線と実際の接続の両方で行い、その差が大きい場合は、プロバイダに問い合わせるかプロバイダの変更を検討してみてもよいかもしれません。

 

スポンサードリンク