スポンサードリンク




無線LANの中継機って知っていますか?

親機の電波を受信し、その電波を発信してくれるので、2階建て・3階建ての家や電波が通りにくい場所でパソコンやスマホを利用したいときに便利です。

ただ、せっかく中継機を使ってもつながらなかったら、設置した意味がありません。

今回は。中継機を使った時のトラブル解決のポイントを具体的にご紹介しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

中継機ってなに?

まずは、中継機についてご説明しましょう。

戸建ての住宅でもマンションでも、無線LANルーターがおいてある部屋ではインターネットがサクサク動くのに、寝室や子供部屋などに行くと、WEBページがなかなか表示されなかったり、動画が固まったりすることありませんか?

これは無線LANルーターから遠かったり、壁などの障害物の影響で電波が弱くなっていたりするために発生する現象です。

中継機は、弱くなった電波を中継し、電波の届きにくい場所をカバーして、届く範囲を広くするための機械のことを言います。

 

画像:Aterm®WG1200HPユーザーズマニュアルより

 

スポンサードリンク




 

中継機の種類は?

では、中継機にはどんな種類があるのでしょうか?

電波の種類

中継機の種類をご説明するために、まず無線LANに使われている電波の種類についてご説明しましょう。

無線LANに使われている電波は「11n/g/b」が使われている2.4GHz帯と、「11ac/n/a」が使われている5GHz帯にわかれます。

電波干渉を受けやすいのは、2.4GHz帯の11n/11g/11b規格で、マンションの隣の部屋でルーターを設置したことで干渉を受けて繋がらなくなることもあります。

安価な中継機は、2.4GHz帯しか対応していません。少々価格は高くなりますが、より高速で安定した通信を行うには5GHz帯の電波もカバーしている両対応の中継機を選ぶことをおススメします。

周波数帯 2.4GHz帯 5GHz帯
無線規格 11n/11g/11b 11ac/11n/11a
長所 ・5GHzよりも電波が遠くまで届く ・他の無線との干渉が少ないため、通信が安定している
短所 ・同じ周波数帯の機器(無線ルーター、電子レンジ、Bluetooth、電話機など)が多く存在するため、電波干渉しやすく、通信が不安定になりやすい ・壁や天井などの障害物に弱い
・通信距離が長くなると電波が弱くなる

設定方法の種類

親機となる無線LANルーターと中継機を接続する方法は大きく分けると次の2種類あります。

・「WPS」や「AOSS」などの自動設定機能を利用

・手動で設定(LAN直接パソコンと接続して設定)

自動設定機能を搭載したものは、他社製品でも自動設定ボタンを押すだけで接続が可能となり、初心者でも簡単ですから、これらの機能がついているものを選ぶとよいでしょう。

設置タイプ

以前は、中継機もみためは無線LANルーターとほとんど同じ「据え置き型」が主流でしたが、最近は、廊下やお部屋のコンセントに差し込むだけのコンセントタイプも多く出ています。

コンセントタイプはコンパクトで場所も選びません。

接続の方法は?

中継機を接続する方法は、それぞれの機種によって違います。

ここではコンセントタイプの中継機をWPSで接続する方法をバッファローの中継機を例にとってご説明しましょう。

【コンセントタイプの中継機をWPSで設定する場合】(バッファロー:WEX-1166DHPS)

1.コンセントタイプの中継機のAUTO/5GHzを「AUTO」にしてから、中継機を親機の近くのコンセントに差し込みます。

2.1分ほど待って、前面のランプが上から「緑の点灯・橙の点灯・消灯・消灯」の状態になっていることを確認します。

3.親機(無線LANルーター)のAOSS/WPSボタンを押します。

4.約2分待ちます。(中継機は自動的に再起動します)

5.前面のランプが「緑の点灯・緑の点灯または点滅・消灯・緑の点灯」の状態になっていれば親機との接続は完了です。

その他の機種に関しては、それぞれの中継機のメーカーのHPをご参照ください。

バッファロー

NEC

エレコム

 

スポンサードリンク




 

中継機とパソコンやスマホが繋がらない時の対処方法は?

上記でご説明したとおり、AOSS/WPSを対応機種の場合、中継機との接続はそれほど難しい作業ではなく、中継機の接続が終了すると、自動的にパソコンやスマホとの接続もできるはずです。

ただ、せっかく中継機を設置したのに、中継機とパソコンやまれに中継機と親機が繋がらないといったトラブルが発生することもあります。

そんな時は次の点を確認してみましょう。

親機のSSIDで接続

中継機を設置すると、SSIDは親機のものになります。そのため、パソコンやスマホで中継機のSSIDを探しても表示されません。中継機にSSIDのシールが貼られていても惑わされず、親機のSSIDとパスワードを確認して接続しましょう。

電源を入れなおす

パソコンやスマホと中継機が繋がらない場合は、中継機の電源を入れなおすと改善する可能性があります。

接続すべきSSIDを確認

親機である無線LANルーターに複数のSSIDが設定されている場合、中継機が親機に接続しているSSIDと、パソコンやスマホが接続しようとしているSSIDが異なると接続ができません。

パソコンやスマホのネットワーク一覧に表示されるSSIDから、中継機と親機が接続しているSSIDを選びます。

中継機が接続しているSSIDは中継機の設定画面で確認します(機種によって異なります)。

①パソコンと中継機をLANケーブルで接続します。

②中継機の電源を入れ、すべてのランプが点灯するまで待ちます。

③パソコンのブラウザを起動し、URLに中継機のIPアドレスを入力します(中継機の説明書を確認してください)。

④設定画面が起動したら、「無線LAN設定」のSSID欄を確認します。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

せっかくWi-Fi環境にしても、快適に使える部屋が限られていて、自分の部屋ではネットがサクサク動かなかったらストレスですよね。

そんな時に便利なのが中継機です。コンセントタイプもありますから、置く場所を気にせず設定ができますが、繋がらないというトラブルもたまに耳にします。

そんな時、まず確認するのが接続しているSSID。次に試してほしいのが、中継機やパソコン、スマホ再起動です。

いろんな場所をいじってしまうと、かえってどこに問題があるのか分からなくなってしまいますから、ひとつずつ確認していくことが大切です。

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?