スポンサードリンク






>>パソコンインストラクターが教える快適ネット診断はこちら

雪が降るなど悪天候の時、Wi-Fiが不安定だったり、繋がらなくなった経験がある方、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、室内で接続しているのに、Wi-Fiが天気の影響を受けるなんてことがあるのでしょうか。

今回は、雪などの悪天候とWi-Fi接続の関係をご説明しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

自宅のWi-FiとポケットWi-Fiで影響は異なる

ひとことでWi-Fiといっても、

・自宅の光回線やCATV回線に無線LANルーターを接続して利用する自宅のWi-Fi

・持ち運びができるモバイルルーターを利用するWi-Fi

があり、それぞれ天候による影響やその原因が異なります。

 

スポンサードリンク




 

自宅のWi-Fiへの影響

自宅のWi-Fiが雪や雨などに影響を受けることはあるのでしょうか?

Wi-Fi自体に影響はなし?

自宅のWi-Fiは、家の中で飛んでいる電波なので基本的に天気に影響されることはありません。

ただし、1Fに無線LANルーターがあり、その電波を2Fで窓を経由して受信している場合、「雨や霧、雪などの水分に当たると吸収される」という性質上、電波が弱まる可能性もあります。

有線部分が原因の場合も…

雪や雨などは、家の中で飛んでいるWi-Fiに直接影響を与える事はありません。

ただし、家の中に引き込む回線は、屋外に設置された設備を利用しています。屋外設置された電線(光ファイバーなど)などのインフラ設備は、強風の振動で普段はないようなノイズを発生したり、カバーはされていても強い風や雪、雨などで遮蔽が悪化して漏洩する電波が増え、結果的にWi-Fi電波に障害が起こる可能性があります。

モバイルルーターを利用したWi-Fiの場合

モバイルルーターを使ってWi-Fi接続をしている場合、天候の影響は受けるのでしょうか?

モバイルルーターの仕組みは?

モバイルルーターとは、持ち運びができるルーターのことです。

ドコモやau、Softbankといったキャリアをはじめ、格安SIMの会社、Wi-Maxなどがサービスを提供していますが、利用するのは携帯電話で使われている無線電波です。

つまり、モバイルルーターは、携帯電話の基地局から発信されている電波を利用して通信しているのです。

携帯基地局の電波は雪の影響を受ける?

電波は、「遮蔽物にぶつかると貫通・反射し、その度弱まる」という性質があります。

そして、水分も電波を反射させるもののひとつです。

雪がちらつく程度では、それほど影響は受けませんが、大雪やたっぷりと水分をふくんだ雨雲は電波を反射させるため、受信できにくくなります。

また、電波は「雨や雪などの水分に当たると吸収される」という性質もあり、その影響で電波が弱くなる可能性もあります。

その結果、大雪やゲリラ豪雨、台風などの場合、モバイルルーターで受信できるWi-Fiの電波が弱くなり、結果的にWi-Fiに繋がらないなどのトラブルが発生することになります。

悪天候でWi-Fiに接続できなくなったら…

大雪やゲリラ豪雨、台風など自然がもたらすWi-Fiのトラブルにはどのような対応をとったらよいのでしょうか?

接続会社の障害・メンテナンス情報を確認する

NTTやCATVなど接続会社では、天候などにより障害や故障が発生した場合は、HPでその情報を公開しています。

インターネットに接続可能なスマホなどで、その情報を確認し、接続会社が原因でトラブルが発生している場合は復旧を待つことになります。

NTT東日本工事・故障情報

NTT西日本工事・故障情報

KDDI障害・メンテナンス情報

ソフトバンク障害・メンテナンス情報

J-com障害・メンテナンス情報

ルーターに近づく・有線で接続してみる

接続会社のHPにトラブル情報が掲載されていない場合は、一時的に天候の影響を受けている可能性があります。自宅のWi-Fiで万が一、大雪や雨、風で繋がりにくくなった場合は、できるだけ無線LANルーターに近づく、もしくは有線で接続して、トラブルが解決するか試してみましょう。

Wi-Fiスポットを探す

大雪などの影響でモバイルルーターでのWi-Fi接続が不安定になった場合、無料のWi-Fiスポットを利用しましょう。

コンビニやカフェなど店舗で利用できる無料Wi-Fiは、屋内にあるルーターから電波を発信しているため、大雪や雨などの影響をあまり受けません。

雷もインターネット接続に影響あり!

実は、お天気の中でインターネット接続に大きな影響を与えるのは雷です。

雷対策などの詳細はこちらの記事をご参照ください。

雷が原因?落雷のあとインターネットにつながらないトラブルの解消法は

 

スポンサードリンク




 

まとめ

大雪の日にWi-Fiが不安定になったという経験は実は私もあります。

ただ、その時は雪が原因だとは思わず、天気の回復と同時にWi-Fi接続も復旧したことから、天気がWi-Fiに与える影響を初めて知りました。

ただ、自然が相手だけに、すっきり解決する方法はあまりありません。

接続会社側でトラブルが発生している場合は、その復旧を待つしかありませんし、自分の家だけの場合も、方法は、有線で接続するか天気の回復を待つことくらいでしょうか。

ただ、悪天候がおさまっても不具合が解消されない場合は、一度回線を調べてもらうことをおススメします。

 

パソコンインストラクターが教える快適ネット診断


貴方の今のインターネット環境はいかがでしょうか?
推奨されるべきネット環境を簡単に回答可能な質問に答えるだけで判断できます。興味がある方は一度お試しください。

①固定回線のプロバイダーの変更


私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。
規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。
ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。
ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか?
最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。
 
  >>フレッツ光を見に行く  
また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。
フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。  
>>光コラボの申し込みを見に行く  

②ポケットWifiの利用


ネットの利用頻度が高く、しかも外でネットを使う方におススメなのが、ポケットWifiです。
ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。
ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。まとまった作業が発生するときも安心です。
ポケットWifiでおススメなのは、「Next mobile」です。3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の中でここ近年、最も環境の良いネット環境を利用したポケットWifiで、20GBであれば月額2760円から利用可能です。
 
>>NEXTmobileを見に行く  

③Wimaxの利用


前述の通り、Wimaxには通信制限があるものの、総通信量には制限がないため、継続的にネットを利用する方にはWimaxをおすすめします。
私は仕事柄、仕事のほとんどを社内外のネットで完結しています。ただ、プライベートで動画視聴するなど、容量を多く使うようなことはほとんどないため、Wimaxの方を使用しています。
Wimaxでおススメなのは、「GMO とくとくBB」です。断トツでWimaxの中では料金が安く、最初の2か月は2160円、その後は3260円で利用可能です。Wimaxにはキャッシュバックキャンペーンを行っているものも多いですが、それを差し引いても最安値です。
GMOとくとくBB -Wimax-  
>>GMO とくとく BB (Wimax2)を見に行く  
因みに私は固定回線とWimaxの二丁使いをしています。その時の経緯をこちらに記載しましたので、ご参照ください。
  ↓
>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?