スポンサードリンク




最近は、公共交通機関でのWi-Fi接続サービスが充実してきています。

高速バスや夜行バスでも同様で、全国の長距離バス(都市間バス)でもWi-Fiが繋がるようになってきました。

長い道中、Wi-Fiが接続できるととても便利ですが、トラブルが発生しても運転中、バスの運転手に聞くわけにはいきません。

今回は、夜行バス、高速バスでのWi-Fi接続サービスについて、接続の方法や繋がらない場合の対処方法についてご紹介しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

高速バスでのWi-Fiサービスの現状は?

現在(2018年5月)、全国各地域のバスでは下表のようなWi-Fiサービスを提供しています。

ただ、どの地域のバスも路線や車両によってサービス内容が違いますので、事前に確認が必要です。

各地域バス会社の主なWi-Fiサービス

地域 バス会社・サービス名 SSID
北海道 都市間バス .Wi-Fi_BUS
東北 JRバス東北Free Wi-Fi JRBus_Tohoku_Free_Wi-fi
東北~関東 みちのりFree Wi-Fi .Michinori-Free-Wi-Fi
関東 関東バス KANTO_BUS_Free_Wi-Fi
中部地域 名鉄バス HighwayBUS-WiFi
近畿・東海 三重交通 MieKotsu_FreeWi-Fi
関東、関西、中部、北陸 VIPライナー HEISEI_Free_Wi-Fi
四国 JR四国バス

四国高速バス

不明
九州 西鉄バス Nishitetsu_Bus

※バス車内でのWi-Fiサービスは他にもあります。

 

スポンサードリンク




 

高速バスのWi-Fiに接続するには

高速バスのフリーWi-Fiへの接続方法は、一部のサービスでメールアドレスの登録が必要ですが、ほぼ手順は同じです。

名鉄バスの HighwayBUS-WiFiへの接続方法を例にとってご説明しましょう。

【iPhoneの場合】

1.「設定」をタップします

2.「Wi-Fi」がオンになっていない場合はオンにします

3.ネットワークの一覧から、「HighwayBUS-WiFi」(名鉄バスの場合)を選択します

4.ブラウザを起動し、「インターネットに接続」をタップします

5.利用規約を確認のうえ、「同意する」を選択します

6.接続完了

【Androidの場合】

1.「設定」をタップします

2.「Wi-Fi」を選択します

3.ネットワークの一覧から、「HighwayBUS-WiFi」(名鉄バスの場合)を選択します

4.ブラウザを起動します

5.利用規約を確認のうえ、「同意する」を選択します

6.接続完了

画像参照:名鉄バス

 

スポンサードリンク




 

バスのフリーWi-Fiに接続できない場合の対処方法は?

バスのフリーWi-Fiの接続手順はとても簡単です。

ただ、SSIDを選択しても利用規約が表示されなかったり、接続画面が出てこないこともあり、手順は簡単でもトラブルは少なくはないようです。

では、バスの中でスムーズにWi-Fiに接続できなかったらどう対処したらよいのでしょうか?

ブックマークに登録してあるWebサイトを開いてみる

本来、ブラウザを起動すると、利用規約などが表示され、同意をするとバスのWi-Fiへの接続画面が出るはずですが、なんらかの不具合でスムーズにその画面が表示されないことがあります。

そんな時は、ブックマークなどに登録されているWebサイトを開いてみてください。

そうすることで、本来表示されるべき画面が表示されることがあります。

なお、Webサイトを開く際は、

セキュリティがかかった「https://~」からはじまるサイトではなく、通常の「http://~」から始まるサイトを開くようにしてください。

Wi-FiをいったんOFFにしてみる

バスの車内に限らず、Wi-Fiに接続できない場合、Wi-FiをいったんOFFにし、再度ONにすることで、トラブルが解消されることがあります。

次の方法でWi-FiをいったんOFFにし、再度ONにしてみましょう。

【iPhoneの場合】

①iPhoneの画面を下から上にスワイプする

②表示されるコントロールセンターで、Wi-Fiをタップし、いったんOFFにする

③再度Wi-FiをタップしてONにする

または、

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをいったんオフにします

③再度タップしてWi-Fiをオンにします。

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをいったんオフにします

③再度タップして、Wi-Fiをオンにします

※Android端末は機種によって設定方法が多少違ってきます。

スマホを再起動する

Wi-Fiがオンになっているのにスマホがバスの車内のWi-Fiにつながらない場合、スマホを再起動することでなおることがあります。

パソコンもそうですが、再起動することでリセットされ、トラブルが解決する可能性があります。

再接続してみる

もし、バスの車内のネットワーク情報がすでに登録された状態の場合、その登録をいったん削除して、再度接続してみましょう。

【iPhoneの場合のネットワーク削除方法】

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

③「このネットワーク設定を削除」をタップします。

④確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

【Androidの場合のネットワーク削除方法】

①「アプリ一覧」面で、「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップします。

③表示されたWi-Fiアクセスポイントの一覧で「設定」のアイコンをタップし「保存済みネットワーク」をタップします。

④削除する「バスの車内のSSID」をタップします。

⑤「削除」をタップします。

ネットワーク情報が削除できたら、再度バスの車内のSSIDを選択して再接続してみます。

天候や道路状況の影響

天候に影響を受けたり、トンネル内など道路状況によって、接続ができなかったり不安定になる場合があります。

その場合は、道路状況が改善されるのを待って再接続してみるなど、時間をあけて接続できるか確認してみましょう。

混み合っている場合も

バス内のフリーWi-Fiは接続できていても混み合っていて、サイトにアクセスできないこともあります。

そんな場合も、時間を空けてアクセスしてみるか、他のWi-Fiサービスを契約している方は別のサービスを利用することも考えましょう。

利用可能時間に制限がある

バス会社のフリーWi-Fiはほとんどの場合、利用時間可能時間が決められています。

さきほどご紹介した名鉄バスは1回12時間、関東バスは3時間など、それぞれのサービスによって利用可能時間は異なりますが、制限時間を超えるといったん接続はできなくなります。

事前に何時間利用が可能か確認しておくことも必要でしょう。

バスのFree Wi-Fiは注意も必要

バス内だけでなく、ほとんどのFree Wi-Fiはセキュリティ保護がされていません。

接続までの手順が簡単で、しかも無料で使えるのでつい長時間でも利用したくなってしまいますが、セキュリティ面から考えると、長時間の利用はおすすめしません。

また、個人情報の入力が必要なネットショッピングなどの利用も避けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

夜行バスの中で、無料でWi-Fiが利用できたら、目的地まで音楽や動画を楽しむこともできますし、退屈しがちな車内での時間を楽しくすごすことができて便利です。

ただ、バスの車内のWi-Fiは道路状況の影響を受けやすく、自宅のWi-Fiほどの安定性はあまり期待できないかもしれません。

また、セキュリティ面でも注意が必要ですので、その点も踏まえて上で利用しましょう。

 

 

 

 

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?