スポンサードリンク




Surfaceってご存じですか?

SurfaceはMicrosoftが開発している端末の名称ですが、初期のSurfaceがタブレット型だったため、今でもSurfaceというとタブレットという印象を持っている方も多いかもしれません。

そんなSurfaceでWi-Fiに繋がらなくなったらどうしたらいいのでしょうか?パソコンと同じ対処方法をすれば解決するのでしょうか?

今回はSurfaceでWi-Fiにトラブルが発生した時に対処方法をご紹介しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

Surfaceってパソコン?タブレット?

Surfaceは、Microsoftが開発しているタブレット端末をはじめとするパーソナルコンピュータ製品群の名称です。

2012年6月にタブレット型がリリースされて以来アップデートを続け、2018年現在は、Surface Pro、Surface Laptop、Surface Book2、Surface Studioの4機種が発表されています。

Surface Proはタブレット端末として分類されていますが、iPadやその他のタブレット端末と大きく違う点は、iPadなどの端末がタブレット・スマートフォン向けのOSを搭載しているのに対して、Surface ProのOSがノートバソコンやデスクトップ向けの最新OS(Windows10)が搭載されていることです。

つまり、Surface Proはタブレット端末でありながら、ノートPCのような使い勝手が期待できるのです。

モデル名 サイズ スタイル
Surface Pro 12.3インチ タブレットPC
Surface Laptop 13.5インチ ノートPC
Surface Book 2 13.5または15インチ ノート型とタブレット型両方が使える2in1PC
Surface Studio 28インチ 一体型デスクトップPC

画像参照:Microsoft

 

スポンサードリンク




 

SurfaceをWi-Fiに接続するには

SurfaceでWi-Fiに接続する手順は次のとおりです。

1.Surfaceのタスクバーの「ネットワークアイコン」をクリックします。

2.表示されるSSIDの一覧から接続したいSSIDを選択します。

3.SSIDのパスワードを入力し、次へをクリックします。

SurfaceでWi-Fiトラブルが発生したら…

では、SurfaceでWi-Fiに接続できない場合、接続できなくなってしまった場合はどのように対処したらよいのでしょうか?

他の端末で接続可能か確認

まず、Surface以外の端末で、同じネットワークに接続が可能か試してください。

他の端末で接続が可能な場合は、原因はSurfaceに、全ての端末で接続できない場合は、ネットワーク環境や接続機器にトラブルの原因があることになります。

他の端末でも接続ができない場合

Surface でも他のデバイスでも接続できない場合は、次の解決方法を試してみてください。

接続を確認する

Surfaceだけでなく他の端末でもWi-Fiに接続できない場合は、接続機器に原因があると考えられます。まずは、モデムと無線LANルーターの接続が正しいか確認してください。

モデムやルーターを再起動する

モデムやルーターは、使い続けていると誤作動を起こすことがあり、その誤作動は、ほとんどの場合再起動させるとなおります。

下記の手順で、モデムやルーターを再起動して、再度Wi-Fi に接続してみましょう。

1.Surfaceが起動している場合はシャットダウンします

2.モデムと無線LANルーター電源コードを外します。

3.すべてのランプが消えたことが確認できたら、5分~10分ほど待ちます。

4.モデムの電源を入れます。

5.モデムのランプが安定したら、無線LANルーターの電源を入れます。

6.無線LANルーターのランプが安定したら、Surfaceの電源を入れ、無線を再接続します。

SurfaceだけがWi-Fiに接続できない場合

別の端末は Wi-Fi に接続できるのに、Surfaceだけが接続できない場合は、以下の点を試してください。

Surface を再起動する

Surfaceに限らず、パソコンのトラブルは再起動することで誤作動がリセットされることがあります。

Surface を再起動し、再度Wi-Fiに接続してみましょう。

日付と時刻の設定を確認する

Sufaceの日付の設定を修正することで、Wi-Fi接続のトラブルが解消されることがあります。

日付と時刻の設定の確認と修正は次の手順で行います。

1.スタート→「設定」をクリックします。

2.「時刻と言語」をクリックします。

3.日時の情報を確認し、必要に応じて変更します。

「機内モード」をいったんオンにしてオフに戻す

Surfaceにはスマホのように「機内モード」があります。

この機内モードの不具合によってWi-Fi接続にトラブルが発生する可能性もあります。その場合は、機内モードをいったんオンにし、再度オフにすることでトラブルが解消することがあります。

手順は次のとおりです。

1.スタートから「設定」をクリックします。

2.「ネットワークとインターネット」を選択します。

3.「機内モード」を選択して[オン] にし、再度選択して [オフ] に戻します。

4.「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fi が [オン] に設定されていることを確認します。

または

1.Surfaceのタスクバーの「ネットワークアイコン」をクリックします。

2.表示されるSSIDの一覧の下に表示される「機内モード」をクリックして[オン]にします

3.再度ネットワークアイコンをクリックして、「機内モード」を[オフ]に戻します。

4.ネットワークアイコンをクリックし「Wi-Fi」がオンになっていることを確認します。

ネットワーク診断をしてみる

Windowsパソコンには、ネットワークの問題を診断して解決してくれる「ネットワーク診断」という機能があります。この診断をすることでトラブルが解決することもあります。

ネットワーク診断をするには

タスクトレイのネットワークアイコンをクリックし、「ネットワークとインターネットの設定」をクリックします→「ネットワークのトラブルシューティングツール」をクリックします。

更新プログラムをインストールする

SurfaceのOSはWindowsなので、最新の更新プログラムをインストールすることで、Wi-Fi 接続のトラブルが解決することがあります。

ただ、更新プログラムをダウンロードするには、インターネットに接続する必要があり、Wi-Fiトラブルが発生している状態のままでは更新プログラムをダウンロードすることは不可能です。

一般的なパソコンの場合はLANポートがあるので、割と簡単に有線でインターネット接続することができますが、Surfaceの場合は、 USB – Ethernet アダプター (別売) を Surface の USB ポートに接続して有線でインターネットにつなぐことになります。

有線で接続ができたら、次の手順で更新プログラムを確認し、インストールします。

1.スタート→「設定」をクリックします。

2.「更新とセキュリティ」をクリックします。

3.「Windows Update」の「更新プログラムのチェック」を選択します。

4.利用できる更新プログラムがある場合は、インストールします。

5.Surface が自動的に再起動しない場合は、手動で再起動します。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

実は、私もSurfaceを2台目のパソコンとして愛用しています。

コンパクトでバッテリーが長持ちし、タブレットとしても使えるので、旅行や出張の際にとても重宝しています。

キーボードが別売りだったり、一般的なパソコンと多少違う点はありますが、OSはWindowsなので使い方はほとんど同じ。トラブルの対処方法も普通のパソコンと同じと考えてよいと思います。

ただ、どんな端末でも言える事ですが、最初にトラブルの原因の切り分けをすることが大事。やみくもにいろいろな方法を試さず、繋がらないのはSurfaceだけなのか、全ての端末なのかを確認してから、解決ポイントを試していくようにしましょう。

 

 

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?