スポンサードリンク




東海道新幹線の中では「公衆無線LANによる車内インターネット接続サービスが利用できます」というアナウンスが流れます。

新幹線での移動中にWi-Fiが利用できたらとても便利ですが、いざ接続しようとしても繋がらない!そんな経験を持つ方も少なくないようです。

今回は、新幹線のWi-Fi接続サービスについて、接続の方法や繋がらない場合の対処方法についてご紹介しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

Wi-Fiサービスを提供している新幹線は?

現在(2018年5月)、新幹線でWi-Fiが利用できるのは、東海道新幹線の東京〜新大阪間のみです。

ただ、2020年に開催される東京オリンピックに向け、JRでは新幹線車内でのWi-Fiサービスの充実を図っていて、東北新幹線の東京〜新青森間では、試験サービスとして一部の車両でWi-Fiを利用できます。

また、2018年の夏頃をメドに、東海道新幹線で誰でも使えるWi-Fi設備を導入する予定になっているようです。

路線 Wi-Fiサービス
東海道新幹線 N700A・N700系車内

東京~新大阪間

東北新幹線 E5系の一部車両(試験サービス)
北海道新幹線 ×
秋田新幹線 ×
山形新幹線 ×
北陸新幹線 ×
上越新幹線 ×
山陽新幹線 ×
九州新幹線 ×

 

スポンサードリンク




 

新幹線のWi-Fiに接続するには

東海道新幹線の車内で利用できるWi-Fiサービスを利用するには、下記の公衆無線LAN事業者とあらかじめ契約をする必要があります。

・NTTドコモ「docomo Wi-Fi」

・ソフトバンクテレコム「BBモバイルポイント」提携事業者

・UQコミュニケーションズ「UQ Wi-Fi」及び提携事業者

・NTT東日本「フレッツ・スポット」(平成28年4月28日で新規申込受付終了)

・NTT西日本「フレッツ・スポット」(平成28年5月31日で新規申込受付終了)

新幹線Wi-Fiサービスへの接続方法

では実際に新幹線のWi-Fiサービスに接続するにはどうしたらよいのでしょうか?

東海道新幹線のサービスでご紹介しましょう。

docomo Wi-Fi

docomo Wi-Fiへの接続方法はSIM認証とID/パスワード認証の2つの方法があります。

【SIM認証でdocomo Wi-Fiに接続する方法】

SIM認証とは、Wi-Fiに接続する際に、スマホのSIMカードの情報を利用してユーザー認証を行うというもので、アプリの設定やユーザーID/パスワードを入力することなくWi-Fiに接続することができます。

(対応機種:2013-2014冬春モデル以降のドコモスマートフォン/ドコモ タブレット、2016冬モデル以降のドコモ ケータイ、キャリアのバージョンが15.7以上のiPhone、iPad)

Wi-Fiをオンにする方法は次のとおりです。

iPhoneの場合

①iPhoneの画面を下から上にスワイプする

②表示されるコントロールセンターで、Wi-FiをタップしOFFにする

または、

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをにします

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップしてWi-Fiをオフにします

※Android端末は機種によって設定方法が多少違ってきます。

【ID/パスワード認証でdocomo Wi-Fiに接続する方法】

SIM認証の設定をしていない場合や、SIM認証が利用できないエリアでは、ID/パスワード認証でdocomo Wi-Fiに接続します。

手順は次のとおりです。

iPhoneの場合

1.次の手順で、docomo Wi-FiユーザーID/パスワードなどを確認します。

(事前に確認可能)(ユーザーID、パスワードが分かっている方は2に進みます)

①「dメニュー」へアクセスします。

②「My docomo(お客様サポート)」→「メール・パスワードなどの設定」→「各種設定メニューの一覧」

→「ネットワーク関連(docomo Wi-Fi設定)」→「SPモードのパスワード」を入力し「認証する」をタップします。

(※SPモードのパスワードは、メールアドレスの設定やコンテンツ決済サービスを利用する時に必要なパスワードで、初期設定は「0000」です)

③docomo Wi-Fi ユーザーID、docomo Wi-FiパスワードやSSID/セキュリティキー(WPA2キー、WEPキー)を確認します。

2.ホーム画面より、設定をタップします。

3.「Wi-Fi」を選択します。

4.Wi-Fiがオンになっていることを確認し、表示される一覧からSSID「0000docomo」または、「docomo」をタップします。

5.SSID「0000docomo」を選択した場合は、1で確認した「WPA2」キーのセキュリティキー、SSID「docomo」を選択した場合は、「WEP」キーのセキュリティキーを入力します。

6.Wi-Fiサービスが提供されている新幹線内でブラウザを起動すると、「docomo Wi-Fiログイン画面」が表示されるので、

・「docomo Wi-FiユーザID」を確認

・プルダウンメニューで「SPモード」を選択

・「docomo Wi-Fiのパスワード」を入力し

「ログイン」をタップします。

 

 

 

Androidの場合

1.次の手順で、docomo Wi-FiユーザーID/パスワードなどを確認します。

(事前に確認可能)(ユーザーID、パスワードが分かっている方は2に進みます)

①ホーム画面のアイコンから「dメニュー」をタップします。

②「My docomo(お客様サポート)」→「設定(メール等)」→「ネットワーク関連(docomo Wi-Fi設定)」

→「SPモードのパスワード」を入力し「認証する」をタップします。

(※SPモードのパスワードは、メールアドレスの設定やコンテンツ決済サービスを利用する時に必要なパスワードで、初期設定は「0000」です)

③docomo Wi-Fi ユーザーID、docomo Wi-FiパスワードやSSID/セキュリティキー(WPA2キー、WEPキー)を確認します。

2.Wi-Fiサービスが提供されている新幹線内でブラウザを起動するとdocomo Wi-Fiログイン画面が表示されるので、1で確認したユーザーIDとパスワードを入力し、「次回から~」のチェックボックスにチェックを入れてログインをタップします。

※2回目以降は、ユーザーIDとパスワードの入力を省略することができます。

3.ログイン完了画面が表示されます。

画像参照:docomo

 

スポンサードリンク




 

BBモバイルポイント

BBモバイルポイントと契約している場合の接続手順は次のとおりです。

iPhoneの場合

1.ホームメニューから「設定」をタップします。

2.「Wi-Fi」を選択して、「Wi-Fi」がオンになっていることを確認し、ネットワークの一覧から

“mobilepoint”もしくは”mobilepoint2″のネットワーク表示をタップします。

3.パスワード入力の画面でセキュリティキーを入力し「Join」をタップします。

4.BBモバイルポイントのログイン画面が表示されます。(表示までに数秒かかることがあります)

5.「ユーザID」と「パスワード」を入力し、「Login」ボタンを押します。

Androidの場合

1.Wi-Fiサービスが提供されている新幹線内でブラウザを起動します。

2.ログイン画面が表示せれるので、「ユーザーID」と「パスワード」入力し、Loginを押します。

画像参照:BBモバイルポイント

UQ Wi-Fi

UQ Wi-Fiは、「UQ Wi-Fiコネクト」アプリをインストールすることで手軽に接続することができます。

iPhoneの場合

1.Wi-Fiサービスが提供されている新幹線内で「UQ Wi-Fiコネクト」を起動します。

2.ログイン画面が表示されるので、ログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」をタップします。「接続確認中」→「ログイン認証中」と表示されます。

3.「ログイン済み」と表示されたらログイン完了です。(2回目以降は自動で接続が可能)

Androidの場合

1.Wi-Fiサービスが提供されている新幹線内で「UQ Wi-Fiコネクト」の「接続」をタップします。

2.自動でログイン開始されログイン認証が始まります。

3.「UQ Wi-Fiにログインしました」と表示されれれば接続が完了です。

画像参照:UQ Wi-Fi コネクト

 

スポンサードリンク




 

新幹線のWi-Fiサービスに接続できない時の対処法は?

新幹線のWi-Fiサービスは、利用できる公衆無線LANが3種類あり、それぞれ事前に登録手続きが必要です。

登録が済んでいるのに、新幹線のWi-Fiに接続ができない場合は、次の点を確認しましょう。

SSIDとセキュリティキーを確認

選択しているSSIDとセキュリティキーが、公衆無線LAN事業者から指定されたものか、また、入力したセキュリティキーが合っているか確認しましょう。

IDとパスワードを確認

それぞれのサービスのユーザーIDとパスワードを入力した場合は、そのIDとパスワードが間違っていないかも確認し、再度ログインしてみましょう。

Wi-FiをいったんOFFにしてみる

Wi-FiをいったんOFFにし、再度ONにすることで、トラブルが解消されることがあります。

次の方法でWi-FiをいったんOFFにし、再度ONにしてみましょう。

【iPhoneの場合】

①iPhoneの画面を下から上にスワイプする

②表示されるコントロールセンターで、Wi-Fiをタップし、いったんOFFにする

③再度Wi-FiをタップしてONにする

または、

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをいったんオフにします

③再度タップしてWi-Fiをオンにします。

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをいったんオフにします

③再度タップして、Wi-Fiをオンにします

※Android端末は機種によって設定方法が多少違ってきます。

スマホを再起動する

Wi-FiがオンになっているのにスマホがコンビニのWi-Fiにつながらない場合、スマホを再起動することでなおることがあります。

パソコンもそうですが、再起動することでリセットされ、トラブルが解決する可能性があります。

再接続してみる

もし、ネットワーク情報がすでに登録されていた状態の場合、その登録をいったん削除することでトラブルが解除されることもあります。

【iPhoneの場合のネットワーク削除方法】

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

③「このネットワーク設定を削除」をタップします。

④確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

【Androidの場合のネットワーク削除方法】

①「アプリ一覧」面で、「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップします。

③表示されたWi-Fiアクセスポイントの一覧で「設定」のアイコンをタップし「保存済みネットワーク」をタップします。

④削除する「コンビニのSSID」をタップします。

⑤「削除」をタップします。

ネットワーク情報が削除できたら、再度接続してみます。

混み合っている場合も

新幹線内では多く人がWi-Fiを利用するため、混み合っていて、サイトにアクセスできないこともあります。

新幹線のWi-Fiは、乗車率が60%を超えると繋がりにくくなるという情報もあります。

そんな場合は、時間を空けてアクセスしてみましょう。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

現在、新幹線でのWi-Fiサービスは、ご紹介したようにdocomo Wi-Fiなどの公衆無線LAN事業者と事前に契約する必要がありました。

そのため、接続の際もユーザーIDやパスワードが分からなかったり、入力ミスがあると接続できないトラブルが発生してしまいます。

新幹線のWi-Fiにスムーズに接続するためには、自分が契約しているサービスのIDとパスワードを確認し、必要に応じて事前に設定しておくとよいでしょう。

2020年の東京オリンピックに向けて、東海道新幹線やJR東海では、事前に契約する必要のない無料の無線LANサービスが利用できるようになるようですから、今後の動向にも注目したいところです。

 

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?