スポンサードリンク






>>パソコンインストラクターが教える快適ネット診断はこちら

iPhoneを利用中、モバイル回線やWi-Fi回線に接続中を表示するアイコンの横で、くるくる回る歯車のようなマークが動き続けて動かなくなることありませんか?

このくるくる回る歯車はなんの意味があるのでしょうか?これが出て動かなくなったらどうしたらよいのでしょうか?

今回は、くるくる回る歯車の理由とその対処方法についてご紹介しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

このマークの名前は?

このくるくる回る歯車の正式名称は、「spinning gear(回転するギア)」と言います。

このくるくるマーク(spinning gear)は、

・なんらかのデータをダウンロードしている

・システムを起動している

・クラウドの同期中

といった時に表示され、基本的にネットと通信していることを示しています。

 

スポンサードリンク




 

回り続けるのは何故?

通常は、ダウンロード(読み込み)が終了すると、くるくるマーク(spinning gear)は消えるのですが、表示し続ける、回り続けることがあるのはなぜでしょう?

回り続けているということは、ネットに通信し続けていることになります。

つまり、読み込みがうまくできていない、通信にトラブルが発生していることが原因でくるくるマークが(spinning gear)が表示され続けるというわけです。

くるくるマーク(spinning gear)を解除するには

では、この回転し続けるくるくるマークを解除するのはどうしたらよいのでしょうか?

次のことを試してみてください。

アップデートが完全に終了しているか確認

iPhone内のアプリは定期的にアップデートがきます。

そのアップデートが中断された場合、iPhone上では通信が終わっているのに、くるくるマークが表示され続けることがあります。

その場合は、アップデートをしっかりと完了することで、くるくるマークの表示は解消されます。

App Storeを開いて、いったんアップデートをキャンセルし、再びアップデートをしてみましょう。

くるくるマークが出続ける時は途中でアップデートが止まってしまったアプリがないか確認してください。

アプリを終了させる

バックグラウンドで起動しているアプリがなんらかの原因で通信を続けていて、それが原因でくるくるマークが消えないことも考えられます。

ホームボタンを二回連続で押して、マルチタスク画面を表示し、起動しているアプリをスワイプして終了させてみてください。

Wi-FiをいったんOFFにしてみる

Wi-FiをいったんOFFにし、再度ONにすることで、トラブルが解消されることがあります。

次の方法でWi-FiをいったんOFFにし、再度ONにしてみましょう。

①iPhoneの画面を下から上にスワイプする

②表示されるコントロールセンターで、Wi-Fiをタップし、いったんOFFにする

③再度Wi-FiをタップしてONにする

または、

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをいったんオフにします

③再度タップしてWi-Fiをオンにします。

iPhoneを再起動する

Wi-Fiのオン・オフを切り替えても、くるくるマークが消えない場合は、再起動することでなおることがあります。

次の手順でiPhoneを再起動してみましょう。

①iPhoneのスリープボタンを長押しします

②スライドして電源OFFにする

再接続する

再起動でダメだったら、次の手順で登録されているネットワーク接続をいったん削除して、再度接続してみましょう。

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

③「このネットワーク設定を削除」をタップします。

④確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

ネットワーク設定のリセット

ネットワーク設定のリセットも有効な方法と言われています。

次の手順でネットワーク設定をリセットし、再度接続してみましょう。

ただし、この方法の場合、インターネットの共有(テザリング)の設定、VPNの設定、モバイルデータ通信の設定もリセット・消去されますのでご注意ください。

ネットワーク設定をリセットする手順

①「設定」をタップします。

②「一般」をタップします。

③「リセット」をタップします。

④「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑤(パスコードを設定中の場合)パスコードを入力します。

⑥「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑦自動的に再起動します。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

くるくるマークが消えないで、ずっと回っているとイライラしますよね。

しかも画面上ではその原因が分からないので、どう対処してよいのか困ってしまいます。

くるくるマークが回っているということは、ネットとの通信が続いていることになります。

それが、アプリのせいなのか、通信のトラブルなのかによって、対処の仕方が変わってきますが、まずはアプリのアップデートやアプリの終了を試し、それでも解決しなかったら、Wi-Fiをオフにするなどの方法を試してみましょう。

私の個人的な経験では、以前接続したことがあるフリーWi-Fiに接続できていない事に気づかず、LINEなどのアプリを起動しようとした際、くるくるマークが回り続けました。

その時は、アプリを終了し、さらにWi-Fiのオン・オフを切り替えることで改善。こんな風にアプリとWi-Fi両方を対処方法が必要な場合もあるかもしれません。

また、アプリのアップデートの中断は見落としがちですから、すべての対処方法を確認できることが、くるくるマークのイライラから脱出する一番の近道といえそうです。

 

パソコンインストラクターが教える快適ネット診断


貴方の今のインターネット環境はいかがでしょうか?
推奨されるべきネット環境を簡単に回答可能な質問に答えるだけで判断できます。興味がある方は一度お試しください。

①固定回線のプロバイダーの変更


私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。
規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。
ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。
ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか?
最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。
 
  >>フレッツ光を見に行く  
また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。
フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。  
>>光コラボの申し込みを見に行く  

②ポケットWifiの利用


ネットの利用頻度が高く、しかも外でネットを使う方におススメなのが、ポケットWifiです。
ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。
ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。まとまった作業が発生するときも安心です。
ポケットWifiでおススメなのは、「Next mobile」です。3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の中でここ近年、最も環境の良いネット環境を利用したポケットWifiで、20GBであれば月額2760円から利用可能です。
 
>>NEXTmobileを見に行く  

③Wimaxの利用


前述の通り、Wimaxには通信制限があるものの、総通信量には制限がないため、継続的にネットを利用する方にはWimaxをおすすめします。
私は仕事柄、仕事のほとんどを社内外のネットで完結しています。ただ、プライベートで動画視聴するなど、容量を多く使うようなことはほとんどないため、Wimaxの方を使用しています。
Wimaxでおススメなのは、「GMO とくとくBB」です。断トツでWimaxの中では料金が安く、最初の2か月は2160円、その後は3260円で利用可能です。Wimaxにはキャッシュバックキャンペーンを行っているものも多いですが、それを差し引いても最安値です。
GMOとくとくBB -Wimax-  
>>GMO とくとく BB (Wimax2)を見に行く  
因みに私は固定回線とWimaxの二丁使いをしています。その時の経緯をこちらに記載しましたので、ご参照ください。
  ↓
>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?