スポンサードリンク




雨や風が強いなど悪天候の時、Wi-Fiが不安定になったり、繋がらなくなった経験ありませんか?

でも、雷が落ちたわけでもないのに、雨や風が原因でWi-Fiに接続できなくなることなんてあるのでしょうか?天候はインターネット接続に影響があるのでしょうか?

今回は、悪天候とWi-Fi接続の関係をご説明しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

自宅のWi-FiとポケットWi-Fiで影響は異なる

スポンサードリンク




ひとことでWi-Fiといっても、

・自宅の光回線やCATV回線に無線LANルーターを接続して利用する自宅のWi-Fi

・持ち運びができるモバイルルーターを利用するWi-Fi

があり、それぞれ天候による影響やその原因が異なります。

 

自宅のWi-Fiへの影響

自宅のWi-Fiが強風や雨に影響を受けることはあるのでしょうか?

Wi-Fi自体に影響はなし?

自宅のWi-Fiは、家の中で飛んでいる電波なので基本的に天気に影響されることはありません。

ただし、1Fに無線LANルーターがあり、その電波を2Fで窓を経由して受信している場合、「雨や霧、雪などの水分に当たると吸収される」という性質上、電波が弱まる可能性もあります。

有線部分が原因の場合も…

雨や風は、家の中で飛んでいるWi-Fiに影響はありません。

ただし、家の中に引き込む回線は、屋外に設置された設備を利用しています。屋外設置された電線(光ファイバーなど)などのインフラ設備は、強風の振動で普段はないようなノイズを発生したり、カバーはされていても強い雨風で遮蔽が悪化して漏洩する電波が増え、結果的にWi-Fi電波に障害が起こる可能性があります。

雨だと自宅でネットをする人が増えるから?

冗談でしょ?と思われるかもしれませんが、台風などで天気が悪いと自宅にこもってインターネットを利用する人が増えるため、回線が混雑し、結果的にネット(Wi-Fi)につながりにくくなる、という説もあります。

モバイルルーターを利用したWi-Fiの場合

モバイルルーターを使ってWi-Fi接続をしている場合、天候の影響は受けるのでしょうか?

モバイルルーターの仕組みは?

モバイルルーターとは、持ち運びができるルーターのことです。

ドコモやau、Softbankといったキャリアをはじめ、格安SIMの会社、Wi-Maxなどがサービスを提供していますが、利用するのは携帯電話で使われている無線電波です。

つまり、モバイルルーターは、携帯電話の基地局から発信されている電波を利用して通信しているのです。

携帯基地局の電波は雨の影響を受ける?

電波は、「遮蔽物にぶつかると貫通・反射し、その度弱まる」という性質があります。

そして、水も電波を反射させるもののひとつです。

普通の雨程度では、それほど影響は受けませんが、ゲリラ豪雨のような雨や雨をたっぷりと含んだ雨雲は電波を反射させるため、受信できにくくなります。

また、電波は「雨や雪などの水分に当たると吸収される」という性質もあり、その影響で電波が弱くなる可能性もあります。

その結果、ゲリラ豪雨や台風など大雨が降ると、モバイルルーターで受信できるWi-Fiの電波が弱くなり、結果的にWi-Fiに繋がらないなどのトラブルが発生することになります。

 

スポンサードリンク




 

悪天候でWi-Fiに接続できなくなったら…

ゲリラ豪雨や台風など自然がもたらすWi-Fiのトラブルにはどのような対応をとったらよいのでしょうか?

ルーターに近づく・有線で接続してみる

自宅のWi-Fiは、それほど天気の影響を受けないはずですが、万が一、雨や風で繋がりにくくなった場合は、できるだけ無線LANルーターに近づく、もしくは有線で接続して、トラブルが解決するか試してみましょう。

Wi-Fiスポットを探す

強い雨などの影響でモバイルルーターでのWi-Fi接続が不安定になった場合、無料のWi-Fiスポットを利用しましょう。

コンビニやカフェなど店舗で利用できる無料Wi-Fiは、屋内にあるルーターから電波を発信しているため、雨や風の影響を受けません。

雷もインターネット接続に影響あり!

実は、お天気の中でインターネット接続に大きな影響を与えるのは雷です。

雷対策などの詳細はこちらの記事をご参照ください。

雷が原因?落雷のあとインターネットにつながらないトラブルの解消法は

ゲリラ豪雨がTVの視聴にも影響を与える

余談ではありますが…

激しい雨や台風などの時、テレビ画面が乱れたり、モザイク状になってしまったことありませんか?

これは、「降雨減衰」という現象によって、テレビ映像の受信障害が起きたため発生する現象です。

「降雨減衰」とは、電波が雨粒によって吸収・反射されて弱くなってしまうことを言います。

テレビ局の受信設備間や送信設備から衛星の間で、激しい雨になると降雨減衰となり、テレビの視聴にも影響を与えることがあるのです。

画像参照:J-COM

 

スポンサードリンク




 

まとめ

風の強い日や激しい雨が降っている日にWi-Fiに接続しづらくなった、Wi-Fiが不安定になったという経験がある方は多くいるようです。

ただ、自然が相手だけに、残念ながらすっきり解決する方法をご提供することができません。

接続サービス会社に連絡をしても、「雨や風の影響は受けません」という回答しかかえってこないケースも多々あるようですが、悪天候がおさまっても不具合が解消されない場合は、一度回線を調べてもらうことをおススメします。

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?