スポンサードリンク




iPhone8とiPhoneXにはワイヤレス充電機能が搭載されました。

そのワイヤレス充電機能が原因で、iPhone8はWi-Fiに繋がらない、Wi-Fiトラブルが多いという噂があるのをご存じですか?

今回は、そのウワサが本当か?また、iPhone8のWi-Fiトラブルの解決ポイントについてご紹介しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

そもそもワイヤレス充電って?

ワイヤレス充電には、大きく分類すると次の2つの方法があります。

ひとつは、Wi-Fiルーターを使ったワイヤレス充電システム。

もうひとつは、電磁誘導を利用したワイヤレス充電システムです。

現在、iPhone8やiPhoneXでは、Qi(チー)というWPC(Wireless Power Consortium)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である充電器を利用する方法を採用していて、これは電磁誘導方式です。

 

スポンサードリンク




 

iPhone8にWi-Fiトラブルが多いという噂が流れたのは…

実は、iPhone8の発売前に、Appleが「二重周波数の平面アンテナを用いたワイヤレス充電と通信システム」と名付けられた特許を申請したことが分かりました。

どうやら、その情報から、iPhone8には、ワイヤレス充電機能が採用されるのではないか?という噂が流れたようです。

実際にiPhone8が発売されると、採用されたワイヤレス充電システムはQi。

その後、iPhone8にWi-Fiトラブルが多いという情報は見られなくなったように思います。

もしもiPhoneでWi-Fiトラブルが発生したら…

だからといって、iPhone8にWi-Fiトラブルがない、というわけではありません。

万が一、Wi-Fiにつながないなどのトラブルが起きたら次の事を試してみてください。

ケースを外してみる

iPhoneを使っている方のほとんどが、iPhoneにケースをつけていると思いますが、そのケースが通信に影響を与えることがあります。

というのは、iPhoneは電波をキャッチするアンテナを内蔵しているため、ケースの素材や形によってはそのアンテナを塞いでしまうことがあるからです。

ケースをつけて使っている方は、まずケースを外して、Wi-Fiに繋がるか試してみてください。

Wi-Fiはオンか?機内モードになっていないか確認

次に確認して欲しいのは、Wi-Fi機能がオンになっているか?機内モードになっていないか?という点です。確認は次の手順で行うことができます。

1.iPhoneの画面を下から上にスワイプする

2.表示されるコントロールセンターで、Wi-Fiと機内モードを確認

※下の画像は、Wi-Fiがオン、機内モードがオフの状態です。

または、

1.ホーム画面の「設定」をタップします。

2.「機内モード」がオフになっていることを確認します。

3.次に「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiがオンになっていることを確認します。

機内モードをONにしてみる

機内モードがOFF、Wi-FiがONになっているにもかかわらず、Wi-Fiに接続できない場合は、いったん、機内モードをONにし、数秒おいて再びOFFに戻すという操作を行ってみてください。

iPhoneでは、まれにiOSとアプリが正しく連動せず、「機内モードがONになっていないのに、実際にはONの状態になる」という現象が起きることがあります。

機内モードをいったんONにしてからOFFに戻すことで、機内モードがクリアされ、Wi-Fiに接続可能になることがあります。

Wi-FiをいったんOFFにしてみる

上記の項目と同様の理由で、Wi-FiがONになっているにもかかわらず、実際にはOFFの状態になっていることもまれにあります。

その状態をクリアするために、Wi-FiをいったんOFFにし、数秒してからONに戻して接続が可能か確認してみましょう。

4GをOFFにしてからiPhoneを再起動してみる

Wi-FiがオンになっているのにiPhoneがWi-Fiにつながらない場合、iPhoneを再起動することでなおることがあります。

また、普通に再起動しただけで、復旧しない場合は、4G回線をOFFにしてから再起動してみましょう。

iPhoneには、4G通信のオンとオフを切り替える機能があります。ただ、まれにiOSと上手く噛み合わず、4G回線だけを拾おうとすることがあり、その場合、Wi-Fiに繋がらなくなります。

4GをOFFにしてWi-Fiに接続が可能か確認してみましょう。

4G回線をOFFにして再起動する手順は次のとおりです。

1.設定をタップします

2.モバイル通信をタップします

3.通信のオプションをタップします

4.「4Gをオンにする」をOFFにします

5.iPhoneを再起動します

この操作でWi-Fiに接続できた場合、再度、4Gをオンにしてみましょう。

 

スポンサードリンク




 

次は再接続

再起動でダメだったら、登録されているネットワーク接続をいったん削除して、再度接続してみましょう。

ネットワークの削除方法はiOS、Androidそれぞれ以下のとおりです。

方法その1

1.ホーム画面の「設定」をタップします。

2.「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

3.「このネットワーク設定を削除」をタップします。

4.確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

方法その2~ネットワーク設定のリセット

iOS(iPhoneやiPad)の場合、ネットワーク設定をリセットする方法もあります。

ただし、この方法の場合、インターネットの共有(テザリング)の設定、VPNの設定、モバイルデータ通信の設定もリセット・消去されますのでご注意ください。

ネットワーク設定をリセットする手順

1.「設定」をタップします。

2.「一般」をタップします。

3.「リセット」をタップします。

4.「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

 

5.(パスコードを設定中の場合)パスコードを入力します。

6.「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

7.自動的に再起動します。

iOSのアップデートがされているか確認

まれに、iOSが最新版でないことが原因で、Wi-Fiの接続に問題が発生したことがあるようです。

次の手順で、iOSが最新版かどうかを確認し、アップデートがある場合は、OSのアップデートを行ってみてください。

アップデートによってWi-Fiの不具合が解消される可能性があります。

1.設定をタップします

2.一般をタップします

3.ソフトウェアアップデートをタップします

4.「お使いのソフトウェアは最新です」と表示された場合は、iOSは最新版です。アップデートが表示された場合は、アップデートを行いましょう

※必要に応じてバックアップを行ってください

スマホ故障の可能性も…

上記の点を全て確認してもなお、自分のスマホだけWi-Fiに繋がらない場合は、端末が故障している可能性も出てきます。

その場合は、携帯会社やメーカーに問い合わせをして確認をしましょう。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

iPhone発売前には、いろいろな情報や憶測がネット上にはあふれ、どれが本当か分からなくなってしまいますね。

iPhone8のWi-Fiに関する情報は、どうやらその事前情報を元に流れてしまったもののようです。

今のところ、iPhone8だけWi-Fiトラブルが多いという情報はありません。ただ、iPhoneはiOS

のアップデートで時に不具合が起きることもあるので、その点については注意が必要かもしれません。

Wi-Fiルーターを使ったワイヤレス充電システムは、Qiなどに置く必要もなくなるわけですから、さらに便利なりますが、Wi-Fi接続のトラブルが増えては何の意味もありません。

今後、Wi-Fiルーターを使ったワイヤレス充電システムが採用された場合は、そのメリットだけでなくデメリットも事前に確認することをおススメします。

 

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?