スポンサードリンク




あなたは、ご自宅のWi-Fiのパスワードをご存じですか?

最近の無線LANルーターは、ボタンひとつで簡単につなげるので、いざパスワード…と言われると戸惑う方もいるかもしれません。

ただ、Wi-Fi接続にトラブルがあった場合、手動でパスワードを入力する必要があったり、確認しなくてはいけないケースもあります。

今回は、そんな時にも対応できるよう、パスワードが原因でWi-Fi接続にトラブルが発生した場合の対処方法やパスワードの確認のしかたをご紹介しましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

パスワードはこの方法で確認できます!

「パスワードが違います」という表示が出たら、もう一度パスワードを入れてみようと思いますよね。

でも、そもそも自宅のWi-Fiのパスワードが分からなければ先に進めません。

そこでまず、Wi-Fiのパスワードを確認する方法をご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク




 

無線LANルーターの本体を確認

パスワードが分からないときは、まず無線LANルーターの側面や裏面を確認してみましょう。

多くのメーカーでは、本体の側面や裏面にシールが貼られていて、そこに初期パスワードが書かれていることがあります。

「SSID」(ネットワーク名)と一緒に「KEY」や「暗号化キー」「WEPキー」などと書いてあるのがパスワードです。

無線LANルーターのマニュアルやカードで確認

無線LANルーター本体で確認できない場合は、無線LANルーターに同梱されていたセットアップカードやマニュアルを調べてみましょう。

セットアップカードは「設定情報シート」「Wi-Fi設定カード」など、メーカーによって名前が違います。

無線LANルーターの設定画面で確認

無線LANルーターの設定画面を表示して、パスワードを確認することもできます。

設定画面を表示する方法は、メーカーによって違いますが、おおまかな手順は次のとおりです。

①ブラウザ(Internetを表示するソフト)を起動します。

②アドレスバーにルーターのIPアドレスを入力します。

※IPアドレスは、「192.168.1.1」や「192.168.0.1」などが使われることが多いですが、メーカーによって異なるため、マニュアルなどを確認してください。

③IDとパスワードを入力する画面が表示されます。ここのパスワードは設定画面を開くためのパスワードで、SSIDの暗号化キーとは異なります。

IDとパスワードは、とくに変更していない限り、IDは「admin」「root」、パスワードには「password」や「admin」がよく使われています。

ただ、これもメーカーによって異なるため確認が必用です。

④設定画面が表示されたら、無線LANの暗号化キーを確認して書き留めます。

同じWi-Fiに接続しているパソコンから確認

同じ無線LANルーターに接続しているパソコンがあったら、そのパソコンからパスワードを調べることができます。

その方法次のとおりです。

例:Windows10の場合

①タスクバーのインターネットアクセスをクリックし「ネットワークとインターネットの設定」を選択します。

②「Wi-Fi」を選択し、右に表示されている「アダプタのオプションを変更する」をクリックします。

③Wi-Fiのアイコンを右クリックし、「状態」を選択します。

④「ワイヤレスのプロパティ」をクリックします

⑤「セキュリティ」タブを選択し、「パスワードの文字を表示する」にチェックをつけると、「ネットワークセキュリティキー」欄にパスワードが表示されるので、その文字を書き留めます。

 

スポンサードリンク




 

「パスワードが違います」と表示されたらこの方法で解決!

では、Wi-Fiに接続しようとした際、「パスワードが違います」のポップアップ画面が出たら、実際にどうしたらよいのでしょうか?

試していただきたいポイントを挙げてみました。

パスワードの再入力

さきほどご紹介した方法でパスワードを確認し、まずはパスワードを再入力してみましょう。

ただ、再入力の際は、大文字と小文字、アルファベットと数字の切り替えにご注意ください。

パスワードは入力しても●や*で表示されて、正しく入力できたかの確認ができないことがほとんどです。不安な方は次の方法を試してみてください。

パスワードを確認して入力する方法

①Safariの検索窓など、文字が編集できるアプリを開きます。

②パスワードの文字を確認しながら入力します。(例:password1212)

③入力した文字(パスワード)を全選択し、コピーします。

 

③Wi-Fi接続のパスワード入力画面を表示し、コピーしたパスワードをペーストします。

④パスワード欄にペーストされたパスワードが●もしくは*で表示されます。

この方法を使うと、パスワードが正しく入力されたか確認することができます。

 スマホを再起動してみる

パスワードが正しく入力されているのに、スマホが無線LANにつながらない場合、スマホを再起動することでなおることがあります。

パソコンもそうですが、再起動することでリセットされ、トラブルが解決する可能性があります。

ネットワークに再接続してみる

再起動でダメだったら、登録されているネットワーク接続をいったん削除して、再度接続してみましょう。

ネットワークの削除方法はiOS、Androidそれぞれ以下のとおりです。

iOS(iPhoneやiPad)の場合(その1)

①ホーム画面の「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップし、接続を削除したい Wi-Fi ネットワークをタップします。

③「このネットワーク設定を削除」をタップします。

④確認画面が表示されるので、「削除」をタップします。

iOS(iPhoneやiPad)の場合(その2)ネットワーク設定のリセット

iOS(iPhoneやiPad)の場合、ネットワーク設定をリセットする方法もあります。

ただし、この方法の場合、インターネットの共有(テザリング)の設定、VPNの設定、モバイルデータ通信の設定もリセット・消去されますのでご注意ください。

ネットワーク設定をリセットする手順

①「設定」をタップします。

②「一般」をタップします。

③「リセット」をタップします。

④「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑤(パスコードを設定中の場合)パスコードを入力します。

⑥「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

⑦自動的に再起動します。

Androidの場合

①「設定」をタップします。

②「Wi-Fi」をタップします。

③表示されたWi-Fiアクセスポイントの一覧で「設定」のアイコンをタップし「保存済みネットワーク」をタップします。

④削除したいネットワーク(SSID)をタップして「削除」をタップします。

上記の方法で、ネットワークを削除したあと、再度、接続してみます。

ルーターの再起動

まれにルーター側に問題があって、「パスワードが間違います」と表示されることもあるようです。

その場合は、ルーターを再起動することで問題が解決することがあります。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

私の経験では、パスワードが原因でWi-Fiに繋がらないトラブルは意外と多くあります。

そのほとんどはパスワードの再入力で解決しますが、無線LANルーターのパスワードは複雑で、大文字、小文字の違い、ランダムで意味のない文字の羅列のため、特にスマホで入力するのは大変かもしれません。

今回は文字を確認しながら入力する方法もご紹介しましたから、不安な方はそんな方法も試してみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?