スポンサードリンク




インターネットに接続できなくなったとき、画面上にエラーコードが表示されるのをみたことはありませんか?

実は、このコードから接続できない原因と解決法が分かることがあります。

今回は、トラブル時のエラーコードに注目して、インターネット接続のトラブル解決方法を探ってみましょう。

 

>>ネットが繋がらない、遅い。原因と解決策を網羅的に示した記事はこちら

 

400番台のエラーコードが表示されたら…

まず、400番台のエラーコードについて、その意味とそのコードが表示されたときの解決方法を確認していきましょう。

エラーコード400

エラーコード400は、「不正なリクエスト」を表すコードです。

「不正なリクエスト」とは、そのページにアクセスしているブラウザに問題があることで起きるエラーで、ブラウザから送信したリクエストに不正があり、うまく処理できない際に表示されます。

ブラウザとは、インターネットでホームページを閲覧するときに使っているソフトのことで、Internet Explorer、Edge、Google Chrome、Fire Foxなどがこれにあたります。

 

スポンサードリンク




 

エラーコード400の解決方法

400のエラーコードが出た場合は、別のブラウザで開き直すか、Cookieまたはキャッシュをクリアしてください。

Cookie・キャッシュのクリア方法

<Internet Explorerの場合>

①画面の右上にある歯車ボタン(ツール)をクリックします。

②[セーフティ]→[閲覧履歴の削除]をクリックします。

③[お気に入り Web サイト データを保持する]オプションの選択を解除します。

④[インターネット一時ファイルおよび Web サイトのファイル]および[クッキーと Web サイト データ]を選択し、次に[削除]をクリックします

<Google Chromeの場合>

①ブラウザツールバーの右端の[Google Chromeの設定]をクリックします。

②[その他の設定ツール]→[履歴閲覧を消去]を選択します

③[Cookie と他のサイトのデータ][キャッシュされた画像とファイル]およびを選択します

④[データを消去]をクリックします

エラーコード401

401のエラーコードは認証エラーが原因です。

閲覧権限のないWebサイトを開こうとしていたり、パスワードの入力が必要なWebサイトで、入力したパスワードが間違っている場合などに表示されます。

エラーコード401の解決方法

401のエラーコードが出た場合は、そのサイトを閲覧するためのIDとパスワード、閲覧権限があるかどうかを確かめましょう。

エラーコード403

403のエラーコードは、アクセス禁止のエラーです。

サイトを管理している側が何らかの理由で閲覧を制限・禁止している場合、または、サーバーに大量のアクセスが集中してWebサイトが一時的にダウンしている場合にこのエラーコードが表示されます。

エラーコード403の解決方法

閲覧制限がされていない場合は、時間を置いて再度アクセスすることで解決する可能性があります。

時間をおいても、翌日になっても同じエラーコードが表示される場合は、サイトの管理者に問い合わせるしか方法がありません。

エラーコード404

404のエラーコードは、Webサイトが削除されているか、URLが変更されている場合に表示されます。

エラーコード404の解決方法

開こうとしているWebサイトのアドレス(URL)を再度確認し、正しく入力しましょう。それでも同じエラーコードが表示される場合は、削除されたページの可能性がありアクセスすることはできません。

エラーコード408

408のエラーコードは、タイムアウトのエラーです。

アップロードやダウンロードに時間がかかり、サーバーで決められた通信時間を越えた場合に表示されます。

エラーコード408の解決方法

まず、他のWebサイトが開けるか確認してみましょう。他のWebサイトが正常に開ける場合は、エラーが出たサイトの情報が重かったり、アクセスが集中していて開けない可能性があります。時間をおいて再度開いてみましょう。

他のサイトも開けない場合は、Wi-Fi接続の電波が弱くなっていないかを確認してください。

Wi-Fiの電波環境は、スマホのアプリ「Wi-Fiミレル」などで調べることができます。

500番台のエラーコードが表示されたら…

次に500番台のエラーコードについて、その意味とそのコードが表示されたときの解決方法を確認します。

エラーコード500

エラーコード500は、Webサーバー側の内部エラーです。

予期しない原因で、Webサーバー側が表示できない状態にある場合、このエラーが出ます。また、すでに閉鎖されたWebサイトを開こうとした際もこのエラーコードが表示されることがあります。

エラーコード500の解決方法

Webサーバー側のエラー、もしくは削除されたWebサイトのため対応はできません。

エラーコード503

エラーコード503は、サーバーに大きな負荷が掛かっている、もしくはメンテナンス中のため一時的にページを表示できない際のエラーです。

エラーコード503の解決方法

時間をおいて、再度開けるか試してください。

600番台のエラーコードが表示されたら…

次に600番台のエラーコードについて、その意味とそのコードが表示されたときの解決方法を確認します。

エラーコード629

エラーコード629は、接続設定に誤りがある場合に表示されます。

エラーコード629の解決方法

接続について、次のことを確認してください。

・LANケーブルが抜けていないか、配線が間違っていないか

・モデムやルーターのランプ状態を確認((正常なランプ状態は取扱説明書などを参考にしてください)

・パソコンやスマホの再起動

・モデムの再起動

参考→どうして急につながらなくなるの?無線LANトラブル解決のポイントとは

 

スポンサードリンク




 

エラーコード651

651のエラーは、モデムまたはほかのデバイスから返されるエラーコードです。

ケーブルの不具合や接続や設定の間違いなどがあると表示されます。

エラーコード651の解決方法

次の点を確認してください。

・LANケーブルが抜けていないか、配線が間違っていないか

・モデムやルーターのランプ状態を確認((正常なランプ状態は取扱説明書などを参考にしてください)

・モデムやルーターの再起動

・パソコンやスマホの再起動

・イーサネットアダプタのローカルエリア接続が有効になっているか確認。

無効になっている場合は、以下の手順で有効にします。(Windows7の場合)

①スタートメニューから「コントロールパネル」を選択。

②「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を選択

③左側の「アダプターの設定の変更」を選択

④「ローカルエリア接続」アイコンを右クリックして、「有効にする」選択

エラーコード691

691は、インターネット接続のために必要なユーザー名やパスワードが間違っている場合に表示されるエラーコードです。

エラーコード691の解決方法

インターネット接続の申込書を確認し、ユーザーID、パスワードの入れ間違いや、入力モレがないか確認してください。

IDやパスワードは、すべて半角。大文字と小文字が区別されますので、その点も注意しましょう。

700番台のエラーコードが表示されたら…

次に700番台のエラーコードについて、その意味とそのコードが表示されたときの解決方法を確認します。

エラーコード720

ネットワーク設定が確立されていない場合、このエラーコードが表示されます。

エラーコード720の解決方法

接続先設定のプロパティでTCP/IPのチェックがはずれていないかを確認し、はずれていたらチェックをいれます。

<確認方法>

Windows7の場合

①スタートメニューから「コントロールパネル」を選択

②「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を選択

③左側の「アダプターの設定の変更」を選択

④接続先アイコンを右クリックし「プロパティ」を選択

⑤「ネットワーク」タブの「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」にチェックが入っているか確認

⑥チェックがはいっていない場合は、チェックをつけてOKをクリックし、画面を閉じます

Windows8/8.1の場合

①画面の左下を右クリックしてメニューを表示し、「コントロール パネル」をクリックします。

②「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

③左の「アダプターの設定の変更」をクリックします。

④「ネットワーク接続」画面が表示されるので、利用する接続を選択して右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

⑤「ネットワーク」タブの「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」がチェックついているか確認します。

⑥チェックがはいっていない場合は、チェックをつけてOKをクリックし、画面を閉じます

Windows10の場合

①「スタート」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。

②「ネットワーク接続」画面が表示されるので、利用する接続を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

③「ネットワーク」タブの「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4 )」がチェックされているかを確認します。

⑥チェックがはいっていない場合は、チェックをつけてOKをクリックし、画面を閉じます。

800番台のエラーコードが表示されたら…

最後に800番台のエラーコードについて、その意味とそのコードが表示されたときの解決方法を確認します。

エラーコード813

813は、すでに接続が確立している時に、別の接続先に接続しようとした場合に表示されるエラーコードです。

エラーコード813の解決方法

現在の接続をいったん切って、再度接続をやりなおしてみてください。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

インターネット接続ができなくなってしまった場合、エラーコードの意味が少しでも分かっていると、「混み合っているのか…じゃあ、あとでもう一度試そう」といった具合に落ち着いた対応が可能になります。

また、サポートセンターに連絡が必要な場合も、表示されたエラーコードを伝えることで、細かい説明をしなくても状況を把握してもらえ、早い解決につながる可能性もあります。

エラーになって見慣れない言葉が表示されると、焦らって画面をすぐに閉じてしまいがちですが、エラーコードを書き写したり、スマホのカメラで撮ってから画面を閉じるなど落ち着いた対応も大切です。

 

どうしてもネットトラブルが解消しない人へ



ネットが繋がらない、遅いといったトラブルがどうしても解消しない場合、ネット環境を抜本的に変える必要があります。
多くの人が家で固定回線を引いている中で、出てきた新しい選択肢「モバイルWifi」
勿論、一長一短がありますので、全ての方におススメはできませんが、多くの人にとって、ネットトラブルの解決に導く有効な手段になるかもしれません。
以下に詳細をまとめましたので、ご参照ください。

>>固定回線(無線LAN)の代わりにモバイルWifiをおススメする人とは?